【北海道】のぼりべつ地ビール鬼伝説:「NEW来馬IPA」を樽で飲んでみました~

のぼりべつ地ビール鬼伝説(ロゴ1)_NEW2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんから「NEW来馬IPA(NEWらいばIPA)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。人気のブルワリーさんで、また独特なビール名と濃厚そうなヘイジーIPAとの事でどんな感じでしょうか?楽しみですね~( ´∀`)

『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』NEW来馬IPA(NEWらいばIPA) 詳細

ビール名:NEW来馬IPA(NEWらいばIPA)
ブルワリー:のぼりべつ地ビール 鬼伝説
スタイル:Hazy IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:40
URL:わかさいも本舗
facebook:わかさいも本舗(鬼伝説)

こちらがその「NEW来馬IPA(NEWらいばIPA)」のビール画像です。

のぼりべつ地ビール鬼伝説(NEW来馬IPA)_01

NEW来馬IPA(NEWらいばIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴのオレンジ黄色って感じかな
香りは、フルーティーさからホップ感がかなり強めかな
飲み口は、ホップの苦味ほ控えめで持続性もないに等しく感じるかな。また、求めてる甘さを少し感じるのが嬉しいな。そしてホップフレーバーとジューシーさをしっかり感じれのだが、味的に違和感を感じるホップ感が…ボディはヘヴィ寄りのミディアムで飲み応えも抜群ではありながらパイントでも飲み飽きない感じでスイスイと飲めた。全体的にバランスも甘さも良かったが、ホップの微妙な味を感じて残念ながら好みではありませんでした^^;

ホップは全てCryo(クライオ)を使用

この「NEW来馬IPA(NEWらいばIPA)」ですが、ホップは全てクライオ(ルプリンパウダーペレット)を使っておりサブロとアザッカをメインに使い、アマリロ、シムコー、シトラにモザイクホップの多種で醸造されたヘイジーIPAですね。いや、クライオホップオンパレードで濃厚なホップ感ながら、求めてる甘さにコクもバランスも整ってて良いなぁ~と思えるのだが、モザイクホップさんの味がいましたか…コレばかりはまだ慣れないビアっぷる。。。ですが、あくまでもビアっぷるの好みでして、このビールはヘイジーで飲み応えが欲しい方なら好みの方が非常に多いビールだろうな。と思いますので、気になる方は是非飲んでみましょう!

“来馬(らいば)”って…!?

そして勝手ながら気になったビール名ですが、『来馬(らいば)』はアイヌ語だそうですね。で、登別市の幌別市街を流れるという二級河川の来馬川(らいばがわ)や、水源となる来馬岳にかかる秋雲をイメージして醸造されたとの事です。また1つ勉強しましたが、今後も鬼伝説さんのビール名には興味津々なビアっぷるです( ´∀`)

はい、という事で今回は、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんと、「NEW来馬IPA(NEWらいばIPA)」をご紹介しました。飲み応え満載なヘイジーIPAで、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る