【静岡】Repubrew:「ミケラーダ」を樽で飲みました~

リパブリュー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は沼津市にある『Repubrew(リパブリュー)』さんより、「michelada(ミケラーダ)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。どうやらビアカクテル推奨で醸造された様で否定する訳ではありませんが、ビールを飲みたいビアっぷるにはそこはパスして素直にビールとして楽しんでみる事にしました( ´∀`)

リパブリュー(トップイメージ)_01

『Repubrew(リパブリュー)』michelada(ミケラーダ) 詳細

ビール名:michelada(ミケラーダ)
ブルワリー:Repubrew(リパブリュー)
ビアスタイル:???
アルコール度数:7.1%
IBU:3
URL:Repubrew(リパブリュー)
facebook:Repubrew(リパブリュー)

こちらが「michelada(ミケラーダ)」のビール画像になります。

リパブリュー(ミケラーダ)_01

michelada(ミケラーダ)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーながら濃いめの琥珀色という感じでしょうか。
香りは、シナモンとスパイシーさを感じるかな。
飲み口は、ホップの苦味はほとんど感じられず持続性もないかな。また求めてる甘さはなく、副原料のスパイスの影響かピリピリ感が喉奥で強すぎてビールが楽しめず、スパイシーさ炸裂でホップが完全に消えてる印象を受けました。また酸味はかなり強めだったが、そこはバランス的に嫌な感じはしなかったかな。ボディはライトで個性が強いのは良いが、どちらかというと“ビール”とは思えない感じで残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

ビアカクテルをインスパイアされたビール!?

この「michelada(ミケラーダ)」ですが、どうやらリパブリューさんの3周年の記念として醸造されたビールの様ですね。その周年日が2020年の4月だったが新型コロナの影響で提供が遅くなった感じかな?ホップはトリスケルというホップのみを使用し、そして副原料にはチリパウダーとパプリカパウダー、そしてライムに塩を使われてる様です。またビールコメントには『ミケラーダ』というビアカクテルの事を書かれており、メキシコ辺りでポピュラーなそのカクテルをインスパイアしたビール?という感じの様ですね。ベースはインペリアルゴーゼを使い、チリパウダーやパプリカパウダーのスパイシーさにライム果汁を加えて完成したビール。不思議なのが香りで感じたシナモンらしきものが入ってないのだが、意外性はあったかな。

Repubrew 3rd Anniversary…

しかし3周年ビールとしは結構思い切った感じでしたがインパクトは抜群に残りましたwww。ただアルコール度数7.0%の高さに加え、スパイシーさのピリピリが強く次のビールを飲もうと思ってたが、その後にはビールが飲めませんでしたしどちらかと言うと推奨のビアカクテルの方が非常に合う気もするのかな!?、らだ、今後ここまでスパイシーさが強いビールを飲む際は締めで飲むのが良いな!と、勉強したビアっぷるでした(^_^;)

はい、という事で今回は、静岡県は沼津市にある『Repubrew(リパブリュー)』さんより、「michelada(ミケラーダ)」をご紹介しました。ビアっぷるには喉奥がピリピリで飲みにくいビールでしたが、好みは人それぞれ。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る