『志賀高原ビール』の限定醸造「SNOW MONKEY IPA 2018(Fuji Rock version)」を樽で飲んでみました~

志賀高原 フジロックバージョン

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

長野県の『志賀高原ビール』さんより「SNOW MONKEY IPA 2018 Fuji Rock version」を樽で飲んでみましたので紹介したいと思います。これ、今年のフジロックフェスティバル2018でかなりの人気を誇ったビールだそうです。

ビール名:SNOW MONKEY IPA 2018(Fuji Rock version)
ブルワリー:志賀高原ビール
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:40
URL:玉村本店

こちらがその「SNOW MONKEY IPA 2018(Fuji Rock version)」の画像です。

見た目はオレンジ色でかなりの濁り系でいかにもニューイングランドスタイルらしい。香りはジューシー感を凄く感じるがホップ感も感じる。飲み口は、トロピカルでジューシーさもあるが、さっぱりドライな感じで志賀高原さんらしい苦みがありますwww。甘味はないだけにビアっぷるの好みではありません^^;

この「SNOW MONKEY IPA 2018(Fuji Rock version)」ですが、シトラに加えSabroをふんだんに使ったとの事で、最近このSabroのホップが流行ってるのかワイマーケットさんのビールでも使ってましたし、使用するブルワリーさんが増えてますね?(@_@)

あ、今回この「SNOW MONKEY IPA 2018(Fuji Rock version)」を飲んで思った事ですが志賀高原さんの苦味に少し慣れてきたかも!?と言っても、IBUが40なので苦みが今までより抑えられてるという事で慣れてると思ったのかもしれませんがwww。ただ、味は甘みがあるビールがある訳でもないので好みではないんですよね…(>_<)

しかし、さすが志賀高原さんのビールで大人気ですよねー。ビアバーで大半のお客さんはこのビールを注文してましたよ。はい、ビアっぷるはそんなのおかまいなしで他に飲みたいビールが複数あったのでそちらを飲み、ビア仲間から『苦手かと思いますが…』という事で、ちょいと頂いた感じです^^;

悔しいが、其の十とハウスIPAは美味しい!!と思いながら、飲めるようになりたい!という願望を持ちながら、そんなこんなで今回は『志賀高原ビール』の限定醸造「SNOW MONKEY IPA 2018(Fuji Rock version)」を紹介しましたが皆さんも機会があれば飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る