静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』から限定醸造の「駿河貴族(するがきぞく)」を樽で飲みました~

反射炉ビヤ 駿河貴族

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さんからかなり極少数樽の限定醸造ビールで「駿河貴族(するがきぞく)」という
スタイルは『甘夏エール』のビールを樽で飲んでみましたので紹介したいと思います^^

ビール名:駿河貴族(するがきぞく)
ブルワリー:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
スタイル:甘夏エール
アルコール度数:5.0%
IBU:10
URL:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
facebook:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)

こちらがその「駿河貴族(するがきぞく)」の画像です。

見た目は透き通った黄金色ですね。
香りですが柑橘(甘夏)の香りが漂い凄く爽やか。
飲み口は飲みこんだ瞬間開口一番に美味しい!と思った。
スタイルが甘夏エールという事で柑橘系独特の『エグ味』が残ると思いきや、
甘味、酸味、苦みが絶妙のバランスでエグ味もほぼ感じないしジューシーさもちゃんと感じる。
ビアっぷるは久しぶりに凄く好みなビールでした!
いやぁ、もう2~3杯はパイントで度飲みたいくらいです…^^

はい、この「駿河貴族(するがきぞく)」ですが、
伊豆市の古屋農園さんが生産したスルガエレガント(甘夏)と、
ピール(ビールじゃないよwww)だけを使用し醸造したビールで『甘夏エール』というスタイルになります。
ただ『甘夏』を使ってビール名が「駿河貴族(するがきぞく)』ですか^^;
エール等の爽やかな柑橘のイメージを思わせるスタイルが、
ビール名に『貴族』とついてしまうとスタウト等、
濃く重そうなビールスタイルを想像してしまいましたがきっと意味があるのでしょうね~
聞けたら聞いてみたいビール名の由来です^^;

そして改めて思いますが、現反射炉ビヤさんの醸造の方が造るビールは凄く舌に合う。
以前このブログでも挙げた、『お茶屋さんのほうじちゃエール』といい、
今回の「駿河貴族(するがきぞく)」といい、良い意味で期待を裏切られてます(^^ゞ

ここからはビアっぷるの感想ですので悪しからずですが、
以前レストランにお伺いした際に5種類あって全て厳しかったという、
かなり微妙だった反射炉ビヤさんのビールでしたが今の反射炉ビヤさんならもう1度あのレストランへ行きたい。
現地で飲んでみたいと思いました(^.^)

はい、という事で今回は『反射炉ビヤ』から限定醸造の「駿河貴族(するがきぞく)」を紹介しましたが、
樽が僅か6樽しか外販されてない様ですのでもし見かけたら即飲んでみて欲しいですね。この季節にもピッタリです!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ワイマーケットブルーイング(ロゴ3)
    こんにちは、こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、ちょっとブログアップが…
  2. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は静岡県は『反射炉ビヤ』さんから限定醸…
  3. Two Rabbits Brewin ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、滋賀県近江八幡市の『Two Rab…
  4. 御殿場高原ビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となる静岡県は御…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、以前からお伝えしてるように“ソラチエ…
ページ上部へ戻る