反射炉ビヤ:限定醸造の「ビエール・ド・木樽草子(2019ver.)」を樽で飲んでみました~

反射炉ビヤ ロゴ2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さんから、限定醸造となる「ビエール・ド・木樽草子(2019ver.)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。えっと、ビアっぷるはこのビール初飲みとなりますが準定番ビールと回数は少ないものの醸造されてる様ですね(´∀`)

ビール名:ビエール・ド・木樽草子(2019ver.)
ブルワリー:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
ビアスタイル:ビエール・ド・ギャルド
アルコール度数:8.0%
IBU:18
サイトURL:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
facebook:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)

こちらがその「ビエール・ド・木樽草子(2019ver.)」のビール画像です。

反射炉ビヤ(ビエール・ド・木樽草子(2019ver.))

見た目は、少しくすみのあるオレンジ色と言えば良いでしょうか。
香りは、酸味を強めに感じるかな。
飲み口は、ベルジャン感を残しながらホップの苦味を感じるものの甘さもある。酸味が思ったより控えめで意外だったが、ボディはミディアムでもやや重めながらコクも感じる。鼻から抜ける木樽の香りも心地よく、ビアっぷるは好みな方でした( ´∀`)

えっと、この「ビエール・ド・木樽草子(2019ver.)」ですが、複数の木樽をブレンドして3ヶ月熟成にて醸造された贅沢なビール。ベルジャンスタイルをあまり好まないビアっぷるなのですがかなり深みのあるビールで、良い意味で味が混ざり合いバランスが取れてる印象を感じました。また、アルコール度数8.0%という事もあるがゆっくりじっくり飲んで、温度が上昇した時の変化も楽しむのがこのビールを美味しく飲むポイントになると思いますので、グラスもパイントよりは脚つきのグラスで飲むと雰囲気も良いと思いました^^

あ、このビエール・ド・ギャルドはまだまだ国内では数少ないビアスタイルであまり見かけません。興味のない事をあまり覚えようとしないビアっぷるが曖昧な記憶で残ってるのは…フランスが発祥のスタイルで北部の方で飲まれてる、ギャルドがビール用語で“熟成”という意味だった気がしてますwww
えっと、いずれも記憶が曖昧で恐縮ですが海外ビールを好まないし、フランスのビールは特に飲める機会が少なかっただけに、真剣に知識として入れようと思わなかったツケがここで回ってきましたね。ちゃんと説明しきれずごめんなさい…お手間かけますがご自身でお調べくださいませ(^^ゞ

はい、という事で今回は静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さんから、限定醸造となる「ビエール・ド・木樽草子(2019ver.)」ををご紹介しました。ビール名にも惹かれると思いますが、機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント、そしてブルワリー情報をPCやツイッターでもご紹介していますのでもしご興味があればみてくださいませ。また、人気ブログランキングの“応援クリック”も、クリックだけですみますのでご協力お願いします♪

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県静岡市の用宗にある『West…
  3. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  4. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログではAJBさんとのコラボ…
  5. COEDO BREWERY(コエドブルワリー) ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場となりますがク…
ページ上部へ戻る