【愛知】トートピアブルワリー:「サイレントフォビア」を樽で飲んでみました~

トートピアブルワー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛知県は長久手市にある『Totopia Brewery(トートピアブルワリー)』さんから「Silentphobia(サイレントフォビア)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Erisphobia(エリスフォビア)』のサワーIPAでしたが、今回はヘイジーIPAですね。さて、どんな感じでしょうか😄

トートピアブルワリー(サイレントフォビア)_イメージ01

『Totopia Brewery(トートピアブルワリー)』Silentphobia(サイレントフォビア) 詳細

ビール名:Silentphobia(サイレントフォビア)
ブルワリー:Totopia Brewery(トートピアブルワリー)
ビアスタイル:Double Dry Hopped Double Hazy IPA
アルコール度数:8.7%
IBU:???
URL:Totopia Brewery(トートピアブルワリー)
facebook:Totopia Brewery(トートピアブルワリー)

こちらがその「Silentphobia(サイレントフォビア)」のビール画像です。

トートピアブルワリー(サイレントフォビア)_01

「Silentphobia(サイレントフォビア)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるオレンジよりな黄色という感じ
香りは、甘やかなオレンジっぽさを感じる
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もほとんどなし。また求めてる甘さより加糖っぽい甘さがやや強め。そして微グラッシーさと、熟れたフルーツの様な甘やかさが気になりつつジューシーさはなし。飲み後に甘さがあり、苦味は変わらず。ボディはミディアムで欲しい濃さはあるものの、やや味が垂れる感じでMサイズの方が良かったかも。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

Mサイズを推奨

この「Silentphobia(サイレントフォビア)」ですが、ホップはシトラクライオにモザイクとシムコーの3種類、その他原材料の記載が見つけきれずもビアスタイルはサブルドライホップドダブルヘイジーIPAとの事。先日の『Kenophobia(ケノフォビア)』では濃さが物足りずという感じでしたが、今回は真逆のヘイジーで求めている濃さもしっかりあったのは好印象で、アルコール度数8.7%とかなり高めも嬉しい✨。ただ…感じ方は人それぞれだが、加糖されたっぽさの甘さはともかく不思議とパイントが飲み進まず。今回の造りで“口当たり滑らかさを感じにくかったの”と“飲み進めるにつれやや味が垂れてくるのが“飽き”に繋がった”という印象も要因のかも!?。よくよく考えると、飲みやすさ等からもMサイズを推奨したいと思うビアっぷるです😄。おっと、そういえば今週末の『JAPAN BREWERS CUP 2023(ジャパンブルワーズカップ2023)』に初出店するトートピアさん。現状は、どこでも樽(ドラフト)で飲めるブルワリーさんという感じでもなし。そして主としているヘイジーIPAとサワーIPAリリース率が高く、目下人気上昇中!?のマイクロブルワリーさんかと。当日はヘイジーにも複数種類ありそうですし、興味のある方は是非ブースに行って飲んでみるのもアリではないでしょうか!?😁

はい、という事で今回は、愛知県は長久手市にある『Totopia Brewery(トートピアブルワリー)』さんから「Silentphobia(サイレントフォビア)」をご紹介しました。Mサイズがオススメな濃さのあるヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る