【徳島】RISE&WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン):「Humming Bird’s Nectar(ハミングバーズネクター)」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、徳島県は勝浦郡にある『RISE&WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)』さんより「Humming Bird’s Nectar(ハミングバーズネクター)」を樽で飲んだので紹介したいと思います。ビール名にネクターとあるので想像ではNE-IPAかな?と思ってましたが、ビアスタイルはミルクシェイクIPAとの事ですがどんな感じでしょうか?^^

ビール名:Humming Bird’s Nectar(ハミングバーズネクター)
ブルワリー名:RISE&WIN Brewing co.(ライズアンドウィン ブルーイング)
ビアスタイル:ミルクシェイクIPA
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:RISE&WIN Brewing co.(ライズアンドウィン)
facebook:RISE&WIN Brewing co.(ライズアンドウィン)

こちらが「Humming Bird’s Nectar(ハミングバーズネクター)」のビール画像です。

ライズアンドウィン(Humming Bird's Nectar)01

そして、専用グラスがこちらです!って、いらないかな?www^^;

ライズアンドウィン(Humming Bird's Nectar)02

見た目は、濁り感全開の濃いオレンジ色って感じでしょうか。。
香りは、ヘイジーの様な感じではあるが…柑橘系の香りはないかな。
飲み口は、苦味もありながらラクトースか甘さもある中でややトロみさも感じジューシーめではあるかな。また後味には柑橘系が残るのだオレンジのピールかな?これがしっかり感じれたのだが、ボディはミディアム寄りのライトだがいかんせんビールが進まない。残念ながら好みではありませんでした^^;

えっと、この「Humming Bird’s Nectar(ハミングバーズネクター)」ですが、
徳島県勝浦の”あおとくる “さんの熟成みかんと、愛媛県の”柑橘ソムリエ”さんの甘夏のピールを使用した様ですね。香りはフルーツ感がかなり控えめで、後味にならないとオレンジ感が伝わらないかな。またミカンよりピールのせいか、甘夏の存在感の方が強く感じれたが全体的なバランスと味的にビアっぷるには厳しかったな。また、ホップは?と思い探したがこれ以上の情報が見つからずわからない…、 毎度思うのです意外にRiseさんのビールってあまり検索しても出てこないので、この辺がわかると醸造された意図も見えてくるのだが…お忙しいのかこればかりは致し方ないですね^^;

因みに“Hummingbird”は日本語で『ハチドリ(蜂鳥)』だそうです。ハチドリって体がかなり小さい部類でブンブンと羽音を立てて飛ぶそうですよ!これにNectar(ネクター)がくっついた様だが、調べたらネクターと認める条件があるそうだ。果肉を一定量以上含むという条件の基、ミカンや和ナシの場合は50%以上入ってるのがネクターと呼べるそうだφ(..)メモメモ。という事は…このHumming Bird’s Nectar(ハミングバーズネクター)には50%以上のオレンジ系が使われるのかな?と思ったのだが、結果ビールが好みか好みじゃないかだけでいいし、余計なお世話ですね(^_^;)

はい、という事で今回は徳島県は勝浦郡にある『RISE&WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)』さんより「Humming Bird’s Nectar(ハミングバーズネクター)」をご紹介しました。皆さんも機会があれば是非、飲んでみて下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る