『TDM 1874 Brewery(ティーディーエム)』から「100回目の口づけ(batc ♯100)」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

最近、ちょくちょくご紹介するようになってきましたが…たまたまです^^;
神奈川県横浜市にある『TDM 1874 Brewery(ティーディーエム)』さんから、
限定醸造の「100回目の口づけ(batc ♯100)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。このビールは、TDM 1874 Brewery(ティーディーエム)さんが記念すべき“100バッチ目”という事で記念のビールとして醸造されたビールの様ですね^^

ビール名:100回目の口づけ(batc ♯100)
ブルワリー名:TDM 1874 Brewery(ティーディーエム)
スタイル:ポーター
アルコール度数:6.0%
facebook:TDM 1874 Brewery(ティーディーエム)

こちらが、その「100回目の口づけ(batc ♯100)」のビール画像です。

TDM(100回目の口づけ)

見た目ですが、そのままでまさに黒色に艶がある感じで綺麗な感じ。
香りは、ほぼ無臭に近い感じで立ってないのは残念。
飲み口は、最初に思ったのが舌がピリピリするのは気のせいか?やたら気になる。ビアスタイルはオレンジチョコレートポーターという事だがオレンジピールはどこへ!?と、脳に捜索願いを出しましたがいませんでした。そして、ビール自体はさっぱりで飲みやすいのは良いのですが、甘さはなく苦みも少なめで100回目の記念ビールにしては普通のポーターって感じで、ビアっぷる的には特徴を感じれず好みではないビールでした^^;

しかし、この「100回目の口づけ(batc ♯100)」で100回目の仕込みとの事だが、月日が過ぎるのはホント早いものですね~ついこの間、『十日市場に新しいブルワリーさんができたよ!』と話してたのですがあっさり100バッチ目。材料には生絞りのオレンジピールとココアパウダーを使用したという事で、ビアスタイルは『オレンジチョコレートポーター』との事だがオレンジがいない。そしてチョコレートはビールで薄まって存在を感じなかったのはビアっぷるだけでしょうか?何れにせよ100バッチ目であれば、もっと個性的なビールだとインパクトに残るのですがさすがにこれはビアっぷるには記憶に残りにくいなぁ…と^^;

そういえば、facebookに載ってましたがTDM 1874 Brewery(ティーディーエム)さんは缶での販売も視野に入っており12月には缶詰をされるとの事でしたよ。
あ、ビアっぷるはどのブルワリーさんでも基本的に缶やボトルは購入する意思はほぼないのですが缶やボトルでも飲みたいという方が多いのはブルワリー側にとっては有難い事ですよね!流通も確保できてるTDMさんなら物さえあればあっという間に店頭に並びそうです。これでTDMさんのブルワリー名が全国にもっともっと広まるといいですね~(´▽`)

はい、という事で今回は神奈川県横浜市にある『TDM 1874 Brewery(ティーディーエム)』さんから、限定醸造の「100回目の口づけ(batc ♯100)」を紹介しました。記念すべき100バッチ目のビールですので、皆さん是非一度飲んでみてはいかがでしょうか~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る