Karl Strauss(カール ストラウス):「Boat Shoes Hazy IPA(ボートシューズヘイジーIPA)」を缶で飲みました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は久しぶりにお会いしたビア仲間に連れられて飲んだ海外ビールですwww。『Karl Strauss(カールストラウス)』さんの「Boat Shoes Hazy IPA(ボートシューズヘイジーIPA)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。おすすめしてもらったビールで初飲みのブルワリーさんですが…どうなんでしょうか?(^^ゞ

Karl Strauss Brewing company(カール ストラウス ブリューイング カンパニー)_ロゴ1

ビール名:Boat Shoes Hazy IPA(ボートシューズヘイジーIPA)
ブルワリー名:Karl Strauss(カール ストラウス)
原産国:アメリカ
ビアスタイル:Hazy IPA
アルコール度数:7.2%
IBU:???

こちらがその「Boat Shoes Hazy IPA(ボートシューズヘイジーIPA)」のビール画像です。

カール ストラウス(ポートシューズヘイジーIPA)

見た目は、ヘイジーらしく濁りのある黄色ですね。
香りは、ジューシーさはあるがトロピカルな感じはないかな。
飲み口は、ホップの苦味はあり控えめではあるが喉奥では苦味が持続して残る感じ。また、甘さもあるのだが求めてる甘さではなくビアっぷるの感覚で言うと“海外ビール独特のヘイジー感”で苦手。ボディはミディアムでトロみもありながら飲みやすさは良いものの好みではありませんでした^^;

この「Boat Shoes Hazy IPA(ボートシューズヘイジーIPA)」ですが、情報が少なすぎて…ホップもわからなければIBUもわからないwww
やはり情報がないとどんなビールを飲んでるか?どんな思いで醸造されたかは知りたいビアっぷるです。という事で、海外ビールの知識はホント乏し過ぎる度を越えた乏しいビアっぷるですが、これで終わったらつまらないので初歩的な事かもしれませんが、ブルワリーの『Karl Strauss(カール ストラウス)』さんの情報がありましたので簡易的にご紹介を。

Karl Strauss Brewing company(カール ストラウス ブリューイング カンパニー)が正式名称かな。1989年2月2日にサンディエゴでOPENした様ですがサンディエゴで今あるブルワリーさんの中で最古のブルワリーさんとの事。凄いですね、最古ですか。。。きっと忘れるけどwwwφ(..)メモメモ
また、ビアスタイルがレッドエールでアルコール度数5.8%という、『Red Trolley Ale(レッドトロリーエール)』は数々の受賞をしたビールとの事で、いつかでいいので機会があればどんなビールか興味はあります!えっと、、、、、、これ以上ネタがないので終わりです。何か間違ってたらすいませんwww(^_^;)

はい、という事で今回は『Karl Strauss(カールストラウス)』さんの「Boat Shoes Hazy IPA(ボートシューズヘイジーIPA)」を紹介しました。海外ビールですがビア仲間はニューイングランド感が少ないかな?と言ってましたが舌は人それぞれですからね。興味のある方は、機会があれば飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る