北海道のぼりべつ地ビール鬼伝説の「NEW湯煙WIPA」を再び樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、完全にブログに挙げるのを忘れてました><
以前もこのブログで紹介させてもらいましたが相変わらず人気なビール。
北海道の鬼伝説さんから限定醸造の「NEW湯煙WIPA」を再飲となりますが樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。

ビール名:NEW湯煙WIPA
ブルワリー名:のぼりべつ地ビール鬼伝説
スタイル:ウィートIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:44

「NEW湯煙WIPA」の画像はコチラ。
NEW湯煙WIPANEW20180904
見た目は相変わらず良い濁り感が出てますね~と何度も確認してしまいますがスタイルはウィートIPAなんですよねwww
香りは華やかでジューシーな香りが漂います。
飲み口は、ほのかな苦もありながらもスイスイ飲めるのはよいがやはり物足りない…
はい、理由は1つ。前回同様で甘味がないに等しいからでしてビアっぷるの好みではなくやや不満だなぁ^^;

ここからはビアっぷるの勝手な感想ですが以前このブログでご紹介した、
鬼伝説×伊勢角屋麦酒さんのコラボですが『NEW賢島2』の方が甘味があると思いました。
また、こちらも以前紹介した『NEW大湯沼IPA』の方よりは今回の「NEW湯煙WIPA」の方が好みではあります。
どれも濁りを意識されたビールですので似てると言えば似てる感じですが、
各々違う面が出てるので比べてみるのもまた面白いものですね~
結論はビアっぷるは鬼伝説さん絡みのビールの中で伊勢角屋麦酒さんとのコラボでしたが『NEW賢島2』が一番好みかな。

前々から鬼伝説さんのビールが苦手なビアっぷるでこの濁り系シリーズなら好みどうこうは別で飲んでいきたい。
この先もこの様な濁り系ビールをどんどん出して欲しいですね~
そして鬼伝説さんの情報に疎いビアっぷるですがビアっぷるには有難い事にビア仲間の中に超超超鬼伝説さんマニアがいるのです!
その方に新しいビールネタや濁り系ビールが繋がるビアバーを教えてもらえば飲める確率は高くなるはず。
ただ、ビアっぷるの好みを知ってる方なので否定する事はないのですが、、、
今回の『その感想…もっと忠実に!』とか言われちゃうかもしれないですけどね!?(;゚Д゚)
なーんて、また何かあったら教えてもらおうと思ってます♪

はい、鬼伝説さんのビールは『金鬼ペールエール』シリーズも含む大人気で特に濁り系は即完売必至!
ブログアップ時期が少しズレてしまい、現時点でなかなか飲めないビールと思いますが 皆さんもどこかで見つけたら飲んでくださいね~
今回は鬼伝説「NEW湯煙WIPA」を再飲しましたのでご紹介しました。

それでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ズモナビール(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、岩手県は遠野市にある『遠野麦酒(ズ…
  2. TDM 1874 Brewery(ロゴ)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、神奈川県は横浜市にある『TDM 1…
  3. 京都醸造(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、京都府は京都市にある『kyoto …
ページ上部へ戻る