「箱根 九頭龍麦酒(はこね くずりゅうびーる)」をボトルで飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、ビア仲間のそのまたビア仲間から箱根の旅行にてプレゼントして頂いた、「箱根 九頭龍麦酒(はこね くずりゅうびーる)」をボトルで飲んでみましたので紹介したいと思います。ビアっぷるは全く知らなかったビール名とブルワリーさん名だけにどんなビールか興味津々です!(@_@)
九頭龍麦酒(ペールエール)その1
ビール名:箱根 九頭龍麦酒(はこね くずりゅうびーる)
ブルワリー名:鎌倉ビール醸造
ビアスタイル:ペールエール
アルコール度数:5.5%
URL:鎌倉ビール
facebook:鎌倉ビール

それでは「箱根 九頭龍麦酒(はこね くずりゅうびーる)」のビール画像はコチラです。
九頭龍麦酒(ペールエール)その2
見た目は、光の加減もありますが濃いブラウン系という感じでしょうか。
香りは、モルトのこの独特な感じで表現し辛いがかなり苦手な甘い感じ。
飲み口は、ホップの苦味は思ったより抑えめで甘味があるのだが…この甘味は独特で甘ったるい感じかな。また、鼻から抜ける香りが特に厳しく後味も雑味が残るというか…いや、久しぶりに厳しいビールを飲んだ感じで大変申し訳ないがビアっぷるは好みではありませんでした^^;

しかしこの「箱根 九頭龍麦酒(はこね くずりゅうびーる)」を頂いた時は勘違いしましたよ。箱根のお土産ですがボトルの表に「九頭龍麦酒」の頭に“箱根”って書いてます。これだとビアっぷるは『箱根ピルス』等を醸造してる『箱根ビール』さんが醸造された!?と思いましたが、箱根ビールさんがこの様なビール名を醸造してたかなぁ?と思いながら裏のラベルを見ると…はい、、、、『鎌倉ビール醸造株式会社』の名があるじゃないですか!?(;゚Д゚)
箱根の場所は静岡県と神奈川県の県境で住所は神奈川県という事ですが、箱根ビールさんではなく、鎌倉ビールさんにOEMで?醸造してもらってるんですね~^^;

それから更によくよく調べてみると…鎌倉ビールさんはアチコチでビールをボトルで生産されてますね。自社の鎌倉ビール、そして紹介した『箱根 九頭龍麦酒(はこね くずりゅうびーる)』の他に『葉山ビール』に『横須賀ビール』、『江の島ビール』までも醸造と地域が幅広いですね。昔ながら(地ビール)のブルワリーさんだけにしっかり地に足がついているという事がわかり、OEMでも多く知られてるという感じでしょうか。

話は戻してこの『箱根 九頭龍麦酒(はこね くずりゅうびーる)』は箱根近辺のホテルや旅館、お土産屋さん等で販売してる様ですが、ビールにあまり興味がない方でもこのボトルを手に取る気持ちは解る気がする…画像を見てもわかる通り、ラベルですが箱根では有名な“寄木細工”柄になってるので可愛い感じです。ただ、一般の方にお土産としてプレゼントには非常に良い感じでしょうが、ビアマニアなはずのビアっぷるには“知らないビールを知れる”ことは非常に有難い事ですが、どうしても味も一緒に求めてしまう為、ボトルのこの味はちょっと厳しかったな…(^^ゞ。はい、この感想はあくまでもビアっぷるの感想ですし、よくこのブログでも伝えてますが舌は『十人十色』。ですからちゃんと自身の舌で確認してから色々と判断してくださいね!( ´∀`)

という事で、今回は『鎌倉ビール』さんが醸造してた「箱根 九頭龍麦酒(はこね くずりゅうびーる)」を紹介しました。いつか樽生で飲めるなら是非飲んでみたいが中身は…鎌倉ビールさんの既存ビールだったりして!?^^;
そして実はもう1本ボトルを頂いておりますが、これはまた別の酒造さんビールなので後日改めて紹介したいと思います。皆さんはもし機会があったら是非飲んでみて下さいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る