【栃木】ブルーマジック:「ブドウのS-IPA」を樽で飲みました~

ブルーマジック(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、栃木県は宇都宮市にある『BLUE MAGIC(ブルーマジック)』さんから、「ブドウのS-IPA(ぶどうのセッションIPA)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。あまり好まないビアスタイルのセッションIPAですが、“ぶどう”さんが…そりゃ興味をそそられますwww。さてさてどんな感じか楽しみです~( ´∀`)

ブルーマジック(ブドウのS-IPA)_イメージ01

『BLUE MAGIC(ブルーマジック)』ブドウのS-IPA(ぶどうのセッションIPA) 詳細

ビール名:ブドウのS-IPA(ぶどうのセッションIPA)
ブルワリー名:BLUE MAGIC(ブルーマジック)
ビアスタイル:Grape Session IPA
アルコール度数:4.7%
IBU:47
URL:BLUE MAGIC(ブルーマジック)
facebook:BLUE MAGIC(ブルーマジック)

コチラがその「ブドウのS-IPA(ぶどうのセッションIPA)」のビール画像です。

ブルーマジック(ブドウのS-IPA)_01

ブドウのS-IPA(ぶどうのセッションIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、ビール名とは相反するクリアーな黄金色という感じですね。
香りは、葡萄の風味が微かに感じながら優しく心地よい
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで持続性は僅かに…という感じかな。また求めてる甘さはないが、葡萄さんの甘さを絶妙なバランスで感じます。そして葡萄のフレーバーから、余韻までも強すぎず弱すぎずで楽しめる。ボディはライトでパイントでもアッという間に飲める程飲みやすく、ビアっぷるはかなり好みな方のビールでした^^

どっさりアメリカンホップ+IBU47で…

この「ブドウのS-IPA(ぶどうのセッションIPA)」ですが、ホップは“アメリカンホップ”という事のみで種類まで記載はありませんでした。また原材料には葡萄さんの果汁を使って醸造された、フルーツセッションIPAという事ですね。正直飲む前はホップは“アメリカンホップ”で“IBUが47”という事からホップの苦味はかなり強そう…と思いきや、凄く優しく飲みやすかった。そしてビール名にもある様に、フルーツ系でセッションIPAだとだいたい飲み込んだ後やフレーバーがスッと消えるビールが多いイメージですが、このビールは葡萄さんのアロマからフレーバーと味、そして飲み込んだ後に残るふんわり優しい余韻までもしっかり感じれ素晴らしいバランス。

葡萄スカッシュの様にも!?…

正にビール名に負けない葡萄のセッションIPA感を感じれたのはビアっぷるにとってはストロングポイントでした。また炭酸があるので葡萄スカッシュの様な感じにも思えたが、温度が上がっても良い意味で変わらず余韻に浸れるビールで、期待を裏切られた非常に好みなビールでした。コレはまた機会があればパイントで飲みたいですね!( ´∀`)

はい、という事で今回は栃木県は宇都宮市にある『BLUE MAGIC(ブルーマジック)』さんから、「ブドウのS-IPA(ぶどうのセッションIPA)」をご紹介しました。関東側ではなかなか飲めないが、皆さんももし見つけた際には是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る