【鳥取】大山Gビール:「新米八郷」を樽で飲んでみました~

大山Gビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、鳥取県は西伯郡にある『大山Gビール』さんより、「Shinmai Yagou(新米八郷)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。因みに前回も…と、よく見たら“八郷シリーズ”ばかり飲ませてもらってるビアっぷる😅。今回は“新米”が付いた八郷は初飲みですが、今回はどんな感じでしょうか😄

『大山Gビール』Shinmai Yagou(新米八郷) 詳細

ビール名:Shinmai Yagou(新米八郷)
ブルワリー:大山Gビール
ビアスタイル:ライスエール
アルコール度数:7.0%
IBU:30
URL:くめざくら大山ブルワリー
facebook:Daisen Brewery(大山ブルワリー)

こちらがその「Shinmai Yagou(新米八郷)」のビール画像です。

大山Gビール(新米八郷)_01

「Shinmai Yagou(新米八郷)」飲み応えレビュー

見た目は、ライトの加減もありそうだがクリア感のある琥珀色という感じかな
香りは、優しい酒感“らしさ”が心地良い
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は喉奥で微残る程度かな。また求めてる甘さはない。そして酒米由来の風味とフルーティーな華やかさが立ち、甘やかな酒感で良い意味でビールとは思えない味。飲み後には甘さが残り苦味はさほど感じないが、アルコール感がやや強く感じるかな。ボディはライトで飲み応えもあるが残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

この「Shinmai Yagou(新米八郷)」ですが…八郷シリーズで初めてみた“新米”が付いた八郷🍺。ただ、ビアっぷるの勘違いか?普通の“八郷”では?。因みに大山さんのページにて現時点では、『琥珀八郷』はあれどボトルでまだ販売されてないのか!?今回のビールがない。その為、ホップやその他原材料も酒米の“山田錦”は使われてるはずだが、それ以外の情報はなし😵。今回のビールは新ビールとしてリリースされたのか?、それともベースの八郷に新米を使ったという事でビール名を変えてリリースしたのか?は定かではないが、“新米”に惹かれて飲ませて頂いたのは事実も、感じ方は人それぞれで間違ってたら恐縮だが、“通常バージョンとあまり変わらない”と感じた今回のビールです😅。またこのシリーズは、『Double Yagou(ダブル八郷)』&『Triple八郷(トリプル八郷)』等など多種に渡りリリースされてるが、ビアっぷる的には『セッション八郷(やごう)』が一番好み✨。中々リリースされない印象だが、再度リリースされた際には飲ませて頂きたいと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、鳥取県は西伯郡にある『大山Gビール』さんより、「Shinmai Yagou(新米八郷)」をご紹介しました。大人気で日本酒好きな方にはとても好まれてるビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る