『Distant Shores Brewing(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)』の「Juice Tatsumaki(ジュース竜巻)」を樽で飲んでみました~

ディスタントショアーズ(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は久しぶりの登場となりますが東京都東村山市にある、『Distant Shores Brewing(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)』さんの「Juice Tatsumaki(ジュース竜巻)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。
このビアスタイルがビアっぷるが好みのニューイングランドIPAなのですが、
以前飲んだディスタントショアーズさんのニューイングランドIPA「Galaxy Hazw IPA(ギャラクシーヘイズIPA)」は苦過ぎてかなり苦手でしたが果たして今回は飲めるのか!?気になるビアっぷるです^^;

ビール名:Juice Tatsumaki(ジュース竜巻)
ブルワリー名:Distant Shores Brewing(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:6.2%
IBU:39
URL:Distant Shores Brewing(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)
facebook:Distant Shores Brewing(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)

こちらが、その「Juice Tatsumaki(ジュース竜巻)」のビール画像です。

ディスタントショアーズ(ジュース竜巻)

見た目ですが、正に濁り系で求めてた黄色。
香りはニューイングランドIPA全開でこれぞ待ってましたと言わんばかりの香りで凄く好み!
飲み口は、ジューシーさもあり鼻から抜ける香りと喉を通った時の程よい苦味は抑えめで、ビール自体のボディーもしっかりあり甘さも程よくある上にビールバランスも素晴らしくここまでは文句なし!ただ、ビアっぷるには甘さがもう少し欲しいところではあるが久しぶりに、二ューイングランドIPAとしてはメガヒット的なビールでビアっぷるは相当な好みでした(´▽`)

もちろん国産のニューイングランドIPAを大多数飲んでますし、海外のニューイングランドIPAも多数飲みました。その中で一番の好みは仙南クラフトさんの「20th Anniversary 記念ビール」でこれは未だ揺るぎませんでしたが、そのビールに比べてもほぼ遜色ないレベルでもう少しだけ甘さがあればボディー感はこちらの方が素晴らしく感じたので過去最高に好みのニューイングランドIPAとまでも思いました。

ただ、このビールを調べてるとこれまたビアっぷるには衝撃的の事実が発覚したのですが…最近飲んでご紹介したビールにて、
・沼津クラフトさんの『El Dorado(エルドラド)
・TKBrewingさんの『El Dorado Punch(エルドラドパンチ)』 
では、最近よく出てくるエルドラドホップを使用したビールを飲んでましたが舌に合わずと思ってました。が、まさかのこの「Juice Tatsumaki(ジュース竜巻)」には“El Dorado(エルドラド)”ホップをメインに使用したという…つまりビアっぷるが明らかに苦手と思ってたホップを使用したビールが凄く好みの味だったという事で、イメージを覆させられた衝撃的なビールでしたよ(@_@;)

過去ディスタントショアーズさんのビールは、
W-IPA
Galaxy Hazw IPA(ギャラクシーヘイズIPA)
と、2種類しか飲んでませんが苦味が多く好みではないビールでしたが、
これまたイメージを覆された素晴らしいビールでした。ビアっぷるの周りのビアバーにはディスタントショアーズさんのビールが繋がってるところは少ないのですが、今後ディスタントショアーズさんのビールはスタイルにもよりますが、
あれば気にして飲んでみたいと思いました(´▽`)

はい、という事で今回は『Distant Shores Brewing(ディスタント・ショアーズ・ブルーイング)』さんの「Juice Tatsumaki(ジュース竜巻)」を紹介しました。ビアっぷる的には凄く求めてたニューイングランドIPAですが皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね!!

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 南横浜ビール研究所(ロゴ)1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市の『南横浜ビール…
  2. 中央線ビアフェスティバル2019(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、来月に東京は武蔵境駅の“堺南ふれあ…
  3. 志賀高原ビール ロゴ
    はい、前回もこの志賀高原ビールさんの「Imperial Coffee Porter(インペリアルコ…
  4. TDM 1874 Brewery(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『TDM …
  5. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さ…
ページ上部へ戻る