新潟県妙高市の『妙高高原ビール』から定番ビールとなる「ピルスナー」を飲んできました~

妙高高原ビール(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、先週末に開催された『ジャパンブルワーズカップ2019』にて飲んだビールの続きになります。『ボヘミアンスタイル』のピルスナーが凄く好きなビアっぷるがイチオシするブルワリーさんは2つ。その1つ新潟県は妙高市の『妙高高原ビール』さんから定番ビールとなる「ピルスナー」を久しぶりの飲めたので紹介したいと思います。因みにもう1つは…青森県の『奥入瀬ビール』さんのピルスナーですが、共通するところも多いが『奥入瀬ビール』さんは後日ブログに挙げますので悪しからず^^

ビール名:ピルスナー
ブルワリー名:妙高高原ビール
ビアスタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.0%
IBU:20.3%
URL:妙高高原ビール
facebook:妙高高原ビール
※定番ビールですが『限定醸造』カテゴリに入れます

コチラがその「ピルスナー」のビール画像です。

妙高高原ビール(ピルスナー)

見た目は、濁りを感じる黄金色ですね。
香りは、このボヘミアンスタイルらしい香りがたまらないですね。
飲み口は、ザーツホップの香りが素晴らしく出ておりこの“甘さ”が出ているのが好みな特徴。その中で、程よいホップの苦味が出てくるのだが飲み込んだ後の鼻らか抜けるこの感じが爽やかで素晴らしい。毎度だが安定したビールバランスで本当に飲みやすいし正にドリンカビリティ。ビアっぷるが今回求めていたビールの1つで凄く好みでした(´▽`)

はい、この「ピルスナー」ですがオーソドックスな味というのは間違いないと思うが、ボヘミアンスタイルとして国内では奥入瀬ビールさんと共に確立されたブルワリーさんと勝手ながら思っておりかなり前から愛飲してるビールですなんです(^^;)
因みに2018年はピルスナー部門で1位を獲ってるビールですから評価されてるビールですよね!

ビアっぷるの舌で思う絶対的な違いは、“甘さ”が出てるのですがこの“甘さ”は、
チェコのウルケルでは感じるが他のボヘミアンスタイルを醸造される国内ブルワリーさんでは感じれない“甘さ”なんですよね。醸造に興味がないビアっぷるには摩訶不思議な事ですが、きっと奥入瀬ビールさんとは共通した何かがあるのでしょうね^^;

はい、今回ジャパンブルワーズカップ2019での妙高高原ビールさんですが、
・ダークラガー
・ヴァイツェン
・ハネウマIPA
・ゴールデンエール
・ピルスナー

の計5種類とビアスタイルはどれもシンプルですが基本的なビールって感じのブルワリーさん。えー、ビアっぷるはピルスナー以外は飲んだ記憶がないんですよねwww
ピルスナーしか見てないのがバレバレですがハネウマIPAがあるとか知らなかった。。。まぁ、今回は絶対的に飲むビールを決めてたので他のビアスタイルは飲めませんでしたが、次回機会があればダークラガーやゴールデンエールを飲みたいと思います!

そういえば、妙高高原ビールさんってビアっぷるの周りのビアバーさんでは繋がってるのをみないんですよね…今回このイベントでいつも会うビア仲間に飲んでもらいましたが、意外にも長いビールマニアの方でも意外に飲んでない方がいるのがビックリでしたが、“初めて飲んだけど甘くて好み!”って言われました。
舌は十人十色な中で同じ気持ちになってくれる方がいたのは嬉しい限りです~(´▽`)

はい、という事で今回は新潟県妙高市の『妙高高原ビール』さんから定番ビールとなる「ピルスナー」を紹介しました。このピルスナーは定番ビールです。もし見かけて飲めウr機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報など紹介してます。もしご興味があれば是非他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
  2. 常陸野ネストビール(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、もうクラフトビール業界では有名過ぎ…
  3. 秩父麦酒(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒…
  4. 浜松クラフトビアフェス2019 in ソラモ(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  はい、今回で第2回目となる『浜松…
  5. T.Y.HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバー・ブルワリー)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都品川区にある『T.Y.HAR…
ページ上部へ戻る