【静岡】Numazu Craft(沼津クラフト):「El Dorado(エルドラド)」を樽で飲んでみました~

沼津クラフトロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

久しぶりの登場となりますが静岡県三島市にある『Numazu Craft(沼津クラフト)』さんより、「El Dorado(エルドラド)」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。ビアっぷるは基本苦手系のブルワリーさんだけにこのビールは果たして!?^^;

ビール名:El Dorado(エルドラド)
ブルワリー名:Numazu Craft(沼津クラフト)
スタイル:ベルジャンゴールデンエール
アルコール度数:6.8%
IBU:35
URL:沼津クラフト
facebook:柿田川ブリューイング

こちらが、その「El Dorado(エルドラド)」のビール画像です。

見た目ですがゴールデンエールと言えば黄色のイメージが強いが茶褐色寄り。
香りはベルジャン酵母を感じるが同時に酸味も…飲み口は、言葉は悪いが味がどっちつかずで微妙な感じでした。というのも、苦味はあるのだが何が出てるのか気になるエグ味もある。また、スタイルがベルジャンゴールデンエールとの事だがビール自体にベルジャン酵母感が少なく、しかもビアっぷる的にはやや水っぽい。そこへレモングラスを使ってる様だが余計に味を迷わせてしまい最終的にベルジャンゴールデンエールと思えずどこに落ち着くのかわからなかった。。。
ビアっぷるには好み好みじゃないというよりこのビールは何だろう?という感じでした^^;

はい、この「El Dorado(エルドラド)」ですが、“El Dorado(エルドラド)”は黄金郷という意味で、スタイルはベルジャンゴールド(ベルジャンゴールデンエール)となったそうです。が、アクセントに使ったレモングラス、そしてホップが弱めという事だが確かに『Numazu Craft(沼津クラフト)』さんのビールにしたら弱めな気もするが、ビアっぷるの舌では“苦い”というレベルだったなぁ。。。

以前に飲んだ『Summer Fest Lager(サマーフェストラガー)』の方は凄く好みでしたが、IBU19だっただけに苦味が程よく抑えめで非常に飲みやすかったがベアードさんで長年醸造されてた方で、ベアードさんのビールが苦手なビアっぷるの舌にはなかなか合うビールが少ないだろうが、逆に自身の舌の幅を広げるべく今後も飲んで好みなビールを見つけられたらいいなと思ってるブルワリーさん(´▽`)

あ、ちょっとサイトを拝見させてもらって気になったビールが1つ。
ビール名:島源郷ピーチセゾン
スタイル:セゾン
アルコール度数:6.5%
IBU:26
という、元反射炉ビヤのヘッドブルワー阿久澤氏とのコラボビールで沼津産の『島郷の桃』と、阿久澤氏の拘り『麹』を使って醸造されたセゾンビールが興味津々。スタイルがセゾンという事でスタイル自体は好みではないが、桃×麹でどんなビールの味が出るのかが非常に興味を持ってしまいます。どっか繋がらないかなぁ…と思いつつ、機会があったら是非飲んでみたいビールですね(´▽`)

はい、という事で話は戻し今回は『Numazu Craft(沼津クラフト)』さんから「El Dorado(エルドラド)」を紹介しました。IPA等の苦みを好む方は沼津クラフトさんのビールは良いかもしれませんね。機会があれば、是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る