【神奈川】パシフィックブリューイング:「グルービー」を樽で飲んでみました~

パシフィックブリューイング(パーミット)_ロゴ01

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は茅ヶ崎市にある『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』さんから「groovy(グルービー)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回の『Passific Lager(パシフィックラガー)』でお伝えした通り、次回はヘイジーIPAがいいなぁ…という事でしたが、待望のヘイジーIPAがリリースするまで敢えて待ってしまいました😅。さて、初醸造ですがどんな感じでしょうか😄

パシフィックブリューイング(グルービー 2022/ver.2)_イメージ01

『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』groovy(グルービー) 詳細

ビール名:groovy(グルービー)
ブルワリー名:Passific Brewing(パシフィックブリューイング)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:5.5%
IBU:???
facebook:Passific Brewing(パシフィックブリューイング)

コチラがその「groovy(グルービー)」のビール画像です。

パシフィックブリューイング(グルービー)_01

「groovy(グルービー)」飲み応えレビュー

見た目は、やや暗めですが濁りのある理想のオレンジ黄色
香りは、ヘイジー感しっかりの華やかさ
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性も舌奥でグッと残るという感じかな。また求めてる甘さはない。そして柑橘さとビアっぷる的にやや気になるホップフレーバーからジューシーさは感じれず。飲み後には少し粉っぽさが気になるものの、甘さがなくでホップの余韻とホロ苦さが残る。ボディはライトで口当たりは滑らかも飲み応えは弱め。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

初醸造のヘイジーIPA

この「groovy(グルービー)」ですが、学芸大学にある美容室さんのOPEN記念ビール🍺で、パシフィックさんもヘイジーIPA初醸造。という事で、何か新たな事へ向け“お互い頑張ろう”という思いを感じてホッコリしているビアっぷるです😅。その初醸造のヘイジーIPAですが、残念ながらホップ&原材料共に詳細がない…が、パシフィックさんにしてはホップを大量に使われたのが伝わるホップ感、そして口当たりの滑らかさが印象的。反面、ジューシーさや粉っぽさがに違和感が残った印象も初醸造ながら口に入るまでの色味、香りはバッチリなヘイジーIPA✨。ただ、濃いヘイジーを好むビアっぷるには物足りなさも残ったが、好みは人それぞれですし『重すぎず飲みやすいヘイジーIPA』を好む方にはしっくりくるのでは?と思えました。また、先日は工場開放して大盛況だった模様で、今や勢いに乗ってるブルワリーさん。缶の方もリリースされてますが樽(ドラフト)なら次バッチも興味津々で、更なる経験を重ねより良いビール🍺を醸造して頂ける事を勝手ながら願っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、神奈川県は茅ヶ崎市にある『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』さんから「groovy(グルービー)」をご紹介しました。口当たり滑らかな飲みやすいヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んで見て下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る