『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』から「Cassis Orange With B(カシスオレンジ ウイズ ビー)」を樽で飲みました~

ワイマーケット_ロゴ2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

あまり好んで飲む事はないのですがひょんな事から飲む機会があったので。
『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから、
「Cassis Orange With B(カシスオレンジ ウイズ ビー)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。
カシスでどんな味か興味がありまして…(@_@)

ビール名:Cassis Orange With B(カシスオレンジ ウイズ ビー)
ブルワリー名:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
スタイル:アメリカンフルーツセッションIPA
アルコール度数:3.7%
IBU:12.5
URL:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
facebook:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)

こちらが「Cassis Orange With B(カシスオレンジ ウイズ ビー)」のビール画像ですがちょっとピンボケでごめんなさい。
Y.MARKET(Cassis Orange With B)
見た目はカシス色でやや濁ってるがビーツを少し加え艶感を出したのが綺麗に出てますね~
香りは、柑橘系という謳い文句だが本当に微塵も感じなかったので逆に珍しいwww
飲み口は、甘さもなければコク自体もない。アルコール度数3.7%という事で
飲み応えもなく何となく味が付いた弱めの炭酸を飲んでる感じでした。
特徴を全く感じれずビアっぷるは全く好みではないビールでした^^;

この「Cassis Orange With B(カシスオレンジ ウイズ ビー)」ですが、
ホップがマンダリナババリアやシトラホップなどを使用したセッションIPA。
カシス色をより引き立てる為にビーツで艶感を出した様ですね。
ただ、『カシスとオレンジの皮、シトラホップの香りをミックスした』との事だが、
このビールは香りが微塵もなかった。ビア仲間3人にも確認してもらったが本当に感じないという感想^^;
クラフトビールはだいたい微かにでも香りが出て感じれるものだが、
理由は解らないが、ホント摩訶不思議的な感じで相当珍しい事でした。

また、スタイルがセッションフルーツIPAという事だがセッションIPAはビアっぷるには物足りない。
ビールらしさが水っぽくまではいかないが薄いのがセッションIPAのイメージ。
アルコール度数も低いので余計にビール感を感じれないのが残念。
ビアっぷる的にはセッションIPAを飲むなら苦手だがIPAを飲んだ方が、ビールを飲んだ感を感じるなぁ。
セッションIPAを好きな方もいるだろうし十人十色で好みだから何ともですが、
今回はあまり良い事を書けなかったが素直な感想ですので悪しからず(^^ゞ

はい、という事で今回は『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから、
「Cassis Orange With B(カシスオレンジ ウイズ ビー)」を紹介しました。
皆さんも自身で飲んでみてどんな感じか確認してみて欲しいですね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る