【静岡】Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング):「うめホワイト」を樽で飲んでみました~

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、「うめホワイト」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。で、梅ですか…赤い梅は苦手だが、青い梅は好みというあまの客的なビアっぷるですが、これは飲めるはず!?と思ってます(^_^;)

『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』うめホワイト 詳細

ビール名:うめホワイト
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
スタイル:ホワイトエール
アルコール度数:5.5%
IBU:???
facebook:Kakegawa Farm Brewing
※詳細は公式サイトで御確認くださいませ。

こちらが「うめホワイト」のビール画像になります。

Kakegawa Farm Brewing(梅ホワイト)

「うめホワイト」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある濃い目の黄色。
香りは、梅というよりは酸味を感じるしスモモっぽいのかな?。
飲み口は、ビール名の如く“青梅”の味をしっかり感じれ、梅らしさの酸味も柔らかく感じます。ホップの苦味はほとんどなく、ビアっぷるの求めてる甘さではなかったが甘さもあります。飲んだ時に何となくトロ味を感じる舌触りは気の所為だろうか?ボディはミディアムのライト寄りで飲みやすさはあるが、いかんせんこのベルジャン感が…。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

えっと、この「うめホワイト」ですがベルジャンホワイトに青梅と梅酒に使用した梅をたっぷり使用したとの事で、ビアスタイルはホワイトエールになります。また香りは“桃”や“すもも”のような甘い香りがあるとの事ですが、ビアっぷる的には甘い香りというよりは、“すもも的な酸味”の方を感じたかな。他のブルワリーさんも含め梅を使ったビールはあまり飲んでないだけに比較は難しいが、梅感をしっかり出ておりビールバランスも絶妙。ビアっぷるはそもそもベルジャンスタイルは苦手なのですが、ベルジャン感が好みな方は時期的にもグビグビ系だと思います。

ベルジャン系のビールは…

しかし未だにベルジャン感には慣れないビアっぷる…だが、それでもベルジャンを飲み続けるのは、“飲んでみないとわからない”からですね。このクラフトビール業界では苦手なビールでも稀に好みのビールが出てくるのです。ビールは間違いなく“相性”です。その相性とは、ブルワリーさんの求めてる味が飲み手の味覚とマッチして初めて“飲み手の好み”となる確率は高いはず。また、味覚に合わなければ単に好みではない方向になります。クラフトビールは多種多様で色々な味がある世界ですから、未だにビアっぷるが苦手と思っているベルジャンスタイルでも今後飲めるビールが出てくるはず。そう願いながら、今後も苦手でもベルジャンスタルイルを飲む事に挑戦していこうと思っています。そして皆さんも相性の良いブルワリーさんを見つけてみてはいかがでしょうか( ´∀`)
あ、全然ビアスタイルが変りますがカケガワさんならハイアルコールの“梅トリプル”とか醸造してもらえると嬉しいなぁ~www。

はい、という事で今回は静岡県は掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、「うめホワイト」をご紹介しました。皆さんも機会があれば、是非一度飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る