原産国アメリカのAnchor(アンカー)カリフォルニアラガーを缶で飲んでみたが…

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回はビア仲間にプレゼントでクラフトビールを頂いたのですが、
はい、開口一番にビアっぷるの苦手な「アメリカでゴメン…」とwww
確か昨年の夏頃サッポロビールさんの傘下になったニュースがありましたが、
アンカーのカリフォルニアラガーをボトルで飲んでみました~
好きなラガーとはいえまさか滅多に飲まない原産国アメリカのビールですが、
こういう機会がないと…ね^^;

ビール名:カリフォルニアラガー
原産国:アメリカ
ブルワリー:アンカー・ブリューイング・カンパニー
スタイル:ラガー
アルコール度数:5.0%

という事で画像はこちらになります。

ラガーという事で期待半分、
そして原産国アメリカという事でホップが効いた苦いだろう…
という気持ち半分でいざ…

意外ではあったがやはり原産国アメリカwww

香りは…微かにホップが香る程度でしたが、
味は苦みはあるもののスッキリしたラガーで甘味は全然感じないという、
明らかに好みではないラガーでしたが、
正にドライという言葉がピッタリなラガーでしたが、
次回飲みたいかと言われると樽ならもう1度だが、
取り敢えずはもういいかな^^;

Anchor(アンカー)さんは有名なのは百も承知ですが、
BREWDOGさんしかりSTONEさんしかり、
ビアっぷるには「苦い!」というイメージで飲みたいと思う事がないwww

あ、そういえば…唯一ブリュードッグさんで過去好みと思ったビールがありました。
なかなかお目にかかる事も出来ない上に、
樽生も賞味期限が短すぎてなかなか出会えないという、
BORN TO DIE(ボーン・トゥ・ダイ)というビール。

ビール名:BORN TO DIE(ボーン・トゥ・ダイ)
ブルワリー:ブリュードッグ
スタイル:IPA
アルコール度数:8.5%
IBU:100

これ樽生で2016年に行きつけのビアバーの店長と共に、
知り合いのビアバーで飲んだ際に運が良く飲めましたが、
IBUが100!?というビアっぷるには当時驚愕の数値を持ったビール!(・_・;)
ですが、、、超高級で究極にいくと苦みを突破して新しい味が出るのか!?
と思うくらい、IBU100で超苦いはずが…ビアっぷるは何故か超好みでした!

当時そのビアバーではUSパイントで1杯3000円強程度だったかな?
高額な理由はスコットランドから出来立てのビールを空輸して、
フレッシュさを保つべく賞味期限が1ヶ月とか1ヶ月半の超短命だから!?
だったかな?…はい、曖昧ですいませんが本当に好みなのは未だに不思議…^^;

話が大きく逸れましたが、Anchor(アンカー)のカリフォルニアラガーは
サイトでは普通に買えそうですね(@_@)
もし気になった方がいらっしゃったら一度飲んでみてください。
海外のビール好きでなくとも知ってるビールかと思いますが、
「自身で飲んでみないとわからない」ですからね。

ビアっぷるはやっと向き合ってAnchor(アンカー)さんを飲めました。
ビールのスタイルが偏ってるビアっぷるには、
誰もが飲んだ事あると思ってるビールでも、
超有名なビールでまだ飲んだ事ないビールがたくさんあります。
人それぞれの生きてきた環境で飲んできたビールも違うはず。
相手に対して「それ、飲んでて当たり前」という気持ちはナンセンス。
むしろで出会えて良かった!と思いたい^^;

飲んだ事ないビールが飲める事に感謝しつつ、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る