【栃木】ろまんちっく村クラフトブルワリー:「鬼怒川温泉麦酒(きぬがわおんせんびーる)」をボトルで飲みました~

ろまんちっく村(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっく村クラフトブルワリー』さんから、定番ビールの「鬼怒川温泉麦酒(きぬがわおんせんびーる)」をボトルで飲んだのでご紹介したいと思います。諸事情によりこのビール他、ブリュットやバーレーワインかな?飲める機会がありましたので、飲んだら徐々に紹介していければと思っております( ´∀`)

ビール名:鬼怒川温泉麦酒(きぬがわおんせんびーる)
ブルワリー名:ろまんちっく村クラフトブルワリー
ビアスタイル:ドルトムンダー
アルコール度数:7.0%
IBU:???
URL:ろまんちっく村クラフトブルワリー
facebook:ろまんちっく村クラフトブルワリー
※定番ビールですが限定醸造カテゴリに入れます

コチラがその「鬼怒川温泉麦酒(きぬがわおんせんびーる)」のビール画像です。

ろまんちっく村クラフトブルワリー(鬼怒川温泉麦酒)_01
ろまんちっく村クラフトブルワリー(鬼怒川温泉麦酒)_02

見た目は、クリアな琥珀色という感じ。
香りは、ホップの香りと優しい甘さも一緒に感じます。
飲み口は、ホップの苦味は控えめで思ったほど苦味がなかった。またビアっぷるが求めてる甘さというよりは、麦の甘さが出ており凄く飲みやすいかな。アルコール度数7.0%という事だが、そこまでキツく感じないところは意外。ちょっと深みが思ったより感じれなかったが麦な感じと甘さというところのバランスが良く、ビアっぷるは好みな方でした^^;

この「鬼怒川温泉麦酒(きぬがわおんせんびーる)」ですが、ろまんちっく村さんの定番ビールですよね。鬼怒川の天然水を使って麦芽を確か20%程度だったと思いますが使われたビールですね。鬼怒川温泉に旅行に行った際にはどのお土産屋さんでも販売されてそうですね~。ビアスタイルがドルトムンダーという事で、あまりクラフトビールを飲まれたことがない方には馴染みが少ないと思いますが、機会があれば田沢湖ビールさん等も扱っていますし、一度飲んでみるとどんな感じかわかりやすいですよ( ´∀`)

そして話は少し逸れますが、facebookにて『宇都宮餃子祭2019』が最近開催されてたのを紹介してます。ええイベントは終了しているのですすが…(^_^;)
しかし、さすが餃子大国で餃子とビール(ビアっぷるは大手ビールのみ^^;)は、セットの様な感じですもんねwww。その中で、提供ビールが記載されてますがこんな感じ、

ろまんちっく村クラフトブルワリー(宇都宮餃子祭2019ラインナップ)

ラインナップを見ると、ビアっぷるがろまんちっく村さんで好みな『-F-』シリーズがあるじゃないですか!?しかも樽生で飲める…のはかなり魅力的でしたね。更にインペリアルスタウト2019が凄く気になっています。が、イベントも終わってますしさすがにあこのビールを関東側で、しかも樽で繋がってるところはないかもなぁ…もし飲める機会があれば是非飲んでみたいと思いました( ´∀`)

はい、という事で今回は宇都宮市にある『ろまんちっく村クラフトブルワリー』さんから、定番ビールの「鬼怒川温泉麦酒(きぬがわおんせんびーる)」をボトルでご紹介しました。ボトルビールだとかなり手に入りやすいと思いますので、みなさんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

最後に『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント等を紹介しています。そして毎日更新しているのでツイッターでもいち早く確認できます。ビールの感想に関しては舌は十人十色です。自身の舌で確認してくさいね!また、人気ブログランキングにて、クリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. スプリングバレー(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログ単体では初登場になります…
  3. カケガワファームブルーイングロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakega…
  4. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  5. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
ページ上部へ戻る