TDM 1874 Brewery × Heretic Brewing:「Danktacular(ダンクタキュラー)」を樽で飲みました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は横浜市にある『TDM 1874 Brewery』さんと、アメリカはカリフォルニア州にある『Heretic Brewing(ヘレティックブルーイング)』さんとのコラボビールとなる「Danktacular(ダンクタキュラー)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。飲む前から“苦いかも…”と思ってますが、果たしてどんな感じでしょうか^^;

ビール名:Danktacular(ダンクタキュラー)
ブルワリー名:TDM 1874 Brewery(ティーディーエム)×Heretic Brewing(ヘレティックブルーイング)
スタイル:DOUBLE IPA
アルコール度数:8.0%
IBU:70
facebook:TDM 1874 Brewery(ティーディーエム)
facebook:Heretic Brewing(ヘレティックブルーイング)

コチラがその「Danktacular(ダンクタキュラー)」のビール画像です。

TDM 1874 Brewery × Heretic Brewing(Danktacular(ダンクタキュラー))

見た目は、クリアで綺麗な黄金色ですね。
香りは、シトラスという感じではあるが思ったより控えめかな。
飲み口は、ホップの苦味はさすがIBU70という事で喉奥でしっかり残るほど。求めてる甘さは全くなかったですし、ホップ全開と言った感じのフレーバーでしたね。ただ、意外にもコラボビールだけにそんな事はないと思ってたがやや水っぽく感じたなぁ。ボディはライトでドライって感じでしたが、いかんせん苦いwww。残念ながら、ビアっぷるの好みではありませんでした^^;

Heretic Brewing(ロゴ1)

この「Danktacular(ダンクタキュラー)」ですが、アメリカのヘレティックブルーイングさんとのコラボビールですね。ホップはコロンバスとシムコー、そしてアポロをメインに使用したウエストコーストスタイルのビアスタイルはDOUBLE IPA。ビール名の“Dank”って以前ビア仲間に聞いたのを思い出したが、“クセになる”という意味だったはず。このビールはクセになるビールという事を言いたいが為のビール名なんでしょうかね?間違ってたらすいません(^_^;)

しかし、TDMさんのビールはビアっぷるにとってベースの苦味がそもそも強いと思うので、ホップの苦味ガツンが苦手なビアっぷるは残念ながらなかなか好みなビールが出てこないんですが、ホップの苦味が好みな方は、この「Danktacular(ダンクタキュラー)」は好みという方が多そう。ホップガツン系を飲みたいという方はこのビールを飲んでみる事をオススメしたいですね。ビール自体のバランスもそうですがしっかりされてるので、レベル的には安心して飲めると思いますうよ( ´∀`)

はい、という事で今回は神奈川県は横浜市にある『TDM 1874 Brewery』さんと、アメリカはカリフォルニア州にある『Heretic Brewing(ヘレティックブルーイング)』さんとのコラボビールとなる「Danktacular(ダンクタキュラー)」をご紹介しました。コラボビールだけに早く無くなりそうでうので、皆さんももし機会があれば是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る