【静岡】Kakegawa Farm Brewing:「ハンギャク ノ 黒」を樽で飲んでみました~

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、「ハンギャク ノ 黒」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。黒系で且つセゾンビールは基本的に好まないビアっぷるですが、カケガワさんのビールならという事で飲んでみようと思いましたがどうでしょうか?( ´∀`)

ビール名:ハンギャク ノ 黒
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
スタイル:ダークセゾン
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:BUCKET HERE
facebook:Kakegawa Farm Brewing

こちらが「ハンギャク ノ 黒」のビール画像になります。

カケガワファームブルーイング(ハンギャク ノ 黒)

見た目は、透け感もない正に真っ黒って感じですね。
香りは、モルトの感じが出てるが思ったより酸味も感じるかな。
飲み口は、ホップの苦味は後味に少々ある程度ですが、何より複数?絡み合った様なモルトの味がどうも舌に馴染まない。求めてる甘さもなく、アルコール度数6.0%とセゾンにしては珍しい度数にも関わらず、やや水っぽくも感じるしビアっぷるの物足りないと思うセゾンだからか?www。また、ポーターにも感じれるのは浅はかな発言だろうか?ボディはライトでしたが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

この「ハンギャク ノ 黒」ですが、ホップは記載がないのでわからないのは残念。ただ、facebookではカケガワさん定番のセゾンビールのモルトに本来は使わないローストモルトを使って、敢えて黒色のビールにしたとのこと。また、コーヒーやカカオのような芳ばしい香りがあるとの事だが…なかったなぁ。フルーティーさもドライフルーツやベリーのような香りもしなかったなぁ。飲み口にほのかな甘みがある様ですが、ビアっぷるが求めてる甘さまで到達してない感じでなかったなぁ…、その後はローストした苦味が出てるとのことでしたがこれは感じました。このビールで気になったところは、セゾンでアルコール度数の6.0%はあまり見かけない気がしたビアっぷるですが、新しい試み?という感じで冒険してるビールって感じなのかな?(^_^;)

そういえば、このビール名ですが気になったのが、ハンギャク ノ 黒 と、変換ミスではなくfacebookでも確認しましたが、クとノと黒の間に半角スペースがあるんですよね。何かガンダムにありそうなタイトルだな…と思いつつも、意味があるのかな?…と考えるも想像もつかないし、ビール名の由来が気になるところ。facebook等には記載がなく、解読不能でモヤモヤしますが気になりますwww。

はい、という事で今回は、静岡県は掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、「ハンギャク ノ 黒」をご紹介しました。舌は十人十色ですので皆さんも機会があれば自身の舌で確かめるべく、是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る