【神奈川】Number Nine Brewery:「Number Nine IPA(ナンバーナインIPA)」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は横浜市にある『Number Nine Brewery(ナンバーナインブルワリー)』さんの、「Number Nine IPA(ナンバーナインIPA)」と「Hazy Pale Ale(ヘイジーペールエール)」の2種類をを樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。えっと、ハンマーヘッド内のQUAYS pacific grill(キーズ パシフィック グリル)さん内に醸造所が設置されたブルワリーさんです。立地や設備を見れば一目瞭然で相当¥がかかってる超おしゃれな場所でした(^_^;)

ブルワリー名:Number Nine Brewery(ナンバーナインブルワリー
場所:神奈川県横浜市中区新港2丁目14-1(横浜ハンマーヘッド1階)
facebook:QUAYS pacific grill

QUAYS pacific grill(Number Nine Brewery)_ロゴ1

という事で早速ですが先ずは、外観と言いたいところですが…主事情で色々とあり撮る事ができずじまいでしたので悪しからず(^_^;)

ビール名:Number Nine IPA(ナンバーナインIPA)
スタイル:IPA
アルコール度数:5.1%
IBU:???
※定番ビールですが限定醸造カテゴリに入れます

コチラが「Number Nine IPA(ナンバーナインIPA)」のビール画像です。

Number Nine Brewery(Number Nine IPA)

見た目は、ややクリアな琥珀色と言えば良いでしょうか。
香りは、ホップの華やかさが出ており心地よさを感じました。
飲み口は、ホップの苦味はあるもののかなり控えめで求めてる甘さはなかったですね。ただ、ホップがしっかり感じれ余韻は良かったと思いました。ボディはライトで飲みやすいのは伝わるが、特徴が特になく“造りがきれいなIPAですね”という感じかな。残念ながらビアっぷるの好みはありませんでした^^;

この「Number Nine IPA(ナンバーナインIPA)」ですが、ホップは9種類使ったという事は記載されてますが、何の種類を…というのはどこにも記載がないですね。また店員さんにビールの詳細は?と聞いたが、“ビールが次々に入れ替わるのもあり現在サイトはありません”という返答でした…ビアっぷるとしてはその日に“何があるか”、を知りたいんだけどなぁ‥と思いつつ^^;。まぁ、仕方ないのでメニューから詳細を…このビール、アメリカはポートランドのカルミネーションさんとコラボビールだそうです。カルミネーションさんは話題性としてはありますが、アパホテルのレボブルーイングさんともコラボしてますし、今や多く見かける様になりビアっぷる的には新鮮味がやや減ったかなぁ…ただ観光地ですし、外国の方が多いはずですしそれはそれでブランディングにもなりそうで効果があるのかもしれませんね^^;

次に、

ビール名:Hazy Pale Ale(ヘイジーペールエール)
スタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:4.5%
IBU:???

コチラが「Hazy Pale Ale(ヘイジーペールエール)」のビール画像です。

Number Nine Brewery(Hazy Pale Ale)

見た目は、しっかり濁りのある濃いオレンジ色。
香りは、ジューシーさもヘイジーさも感じれなかったですね。
飲み口は、ホップの苦味がややあるが喉でスッと消えると思ってたが…温度が上がるにつれ苦味が増してきましたwww。また求めてる甘さはなく、ボディはミディアムでやや重厚感はありました。ビールにヘイジーさもあるがジューシーさが物足りず、炭酸が強いのか舌でビリビリ感が残るのは気になりましや。うーん、残念ながら好みではありませんでした^^;

以上、他にも数種類ありましたがこの2種類をご紹介させていただきました。えっと、全体的な感想ですが、“観光地にあってクラフトビールが飲めるレストラン”かなと思いました。2種類のグラスを見ての通り、サービングから距離はほとんどなかったにも関わらず泡は既にない状態できましたが、元々泡はないのか?と思いきや、人により泡があったりという感じの様でした。また、店員さんがビールの説明ができないというのは、どちらかと言うとビアマニアを相手にするより、一般の観光客を相手にクラフトビールが飲めて美味しいご飯も食べれるレストランだよという捉え方が合ってのかな?と感じました。まぁ、回転させないと維持費高そうですしね(^_^;)。

そしてここのヘッドブルワーさんは湘南ビールさんや、ハーヴェストムーンさんで醸造経験をし実績を積んだ上で現在の形に至ってる様です。自身の技術をどこで発揮するかは人それぞれですが、この大箱を再度選んだのは既にハーヴェストムーンさんでの経験があって何か想いがあっての事だろうがそれは何だろうか?ビアっぷるはこの大きな規模で自身で求めている“拘りのクラフトビール”とは違うブルワリーさんでしたが、これもそれぞれで重視するところが違いますから悪いとかはありませんが。大箱って忙しくなれば回転重視にならざるを得ない環境だと思いますので、泡、グラス洗浄、サービング等など完璧に近い状態で飲み手の手元に届かせるのは極めて難しい環境のはずも、そこよりも価値の高い中にかがあるのでしょうね。

あ、ビールとは別に1つ気になった事が。肝心な事だが週末でも人が少なかったんですよね‥そしてビア仲間から連休の初日でも人が少ないという事を聞きました。たまたまなのか?それともまだ認知がされてないという事なのか?他に何か理由が…!?そもそも人が来ないと話にならないので何ともですが、今後は観光客が増えてくるといいですね!そして、ビアっぷるが求めてるブルワーさんの形とは違いましたので次回は期間をだいぶ空けて、改めてこのナンバーナインブルワリーさんにお邪魔してみようと思います( ´∀`)

はい、という事で今回は、神奈川県は横浜市にある『Number Nine Brewery(ナンバーナインブルワリー)』さんの、「Number Nine IPA(ナンバーナインIPA)」と「Hazy Pale Ale(ヘイジーペールエール)」をご紹介しました。観光地で醸造所も併設のレストランですので、皆さんも機会があれば是非ハンマーヘッドへ足を運んで自身の舌で感じて飲んでみてくださいね! 

最後に『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント等を、人の舌は十人十色という事で独自の感想にて毎日ご紹介しています。また、このブログをいち早くツイッターでも確認できますので宜しければ参考にしてくださいませ。それと『人気ブログランキング』にて、クリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますので、もし良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビで管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
は、絶対大切な事だと思っております。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多くビールにも色々な種類や味があるという事と、日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえる様お伝えできればと思っています。因みに企業ではなく、素人のブログですので文章力はともかく内容がおかしい場合はできる限り温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となる静岡県は富…
  2. ビアへるん(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  今回は、島根県は松江市にある『ビアへるん…
  3. CRAFTROCK CIRCUIT’20(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、2014年から?の音楽とクラフトビ…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、一瞬目を疑いましたが…何とあの昆虫…
  5. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、久しぶりの登場となりますが神奈川県…

ビールリンク

ページ上部へ戻る