【長野】志賀高原ビール:「THE FAR EAST/Barrel Aged Imperial House IPA」をボトルで飲んでみました~

志賀高原ビール ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 

今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、今回で6度目のリリースとなるが特に貴重な!?「THE FAR EAST/Barrel Aged Imperial House IPA」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。いや、発売されてたのは知ってましたが、単純にとあるページでは発売されたよーという言葉が多かったので気にもしてませんでしたが…実はとんでもない内容のビールでしたwww。また、どうやら今回樽は外販されてない様ですので、ボトルでもと飲んでみました~( ´∀`)

志賀高原ビール(THE FAR EAST/Barrel Aged Imperial House IPA)_イメージ1

ビール名:THE FAR EAST/Barrel Aged Imperial House IPA
ブルワリー:志賀高原ビール
スタイル:バレルエイジド トリプルIPA
アルコール度数:15.0%
IBU:???
ボトル限定数:4,792本
URL:志賀高原ビール
facebook:玉村本店

コチラがその「THE FAR EAST/Barrel Aged Imperial House IPA」のビール画像です。

志賀高原ビール(THE FAR EAST/Barrel Aged Imperial House IPA)_01
志賀高原ビール(THE FAR EAST/Barrel Aged Imperial House IPA)_03
志賀高原ビール(THE FAR EAST/Barrel Aged Imperial House IPA)_02

見た目は、やや薄濁りを感じさせる茶色でしょうか。
香りは、一瞬醤油!からバーレーの様な芳醇な優しさを感じるかな。
飲み口は、ホップの苦味はこの熟成機関とまろやかさに包まれてるせいか程よく感じる程度。またドライフルーツ的な甘さとビアっぷるが求めてる甘さもあり、ドライフルーツ的な感じでバランスよく感じた。そして気になっていたウイスキーなフレーバーは残るがそれでも独特な深い味わいになってた。ボディはミディアムでアルコール度数15%を感じなせない飲みやすさもあるが、飲み進めていくとかなり危険なビールと感じましたwww。過去イチローズモルト樽の熟成ビールの中では断然好みなビールでした( ´∀`)

この「THE FAR EAST/Barrel Aged Imperial House IPA」ですが、大半のビールは飲んでるつもりでしたがビアっぷるはこのビール名だと初飲みになります。昨年はリリースされてなかったようですが志賀高原ビールファンの方には毎回楽しみにされてるビールの様です。が、いやぁ、ビアっぷるは全く記憶にないのでやはり飲んでないのだろうなぁ…(^_^;)。

それで、今年でこのビールのリリースは6回目になるそうですが、“過去最強のIPA”と言われてます。ええ、最上部にて紹介した画像も高級感が漂ってると感じでます。また、ビール説明を読んでてある意味強烈過ぎて頭の中がパニックでしたwww。というのも、イチローズモルトの木樽で熟成となりますが、55ヶ月、54ヶ月、49ヶ月、34ヶ月、26ヶ月、20ヶ月、12ヶ月と7種類の樽が、各々樽本数が1つのもあれば複数樽もあるという中で、総計12樽をブレンドしたというビールという事になります。簡単に言ってしまうと長期間熟成樽と若い樽のビールが12樽ブレンドされボトルに詰められ販売という事の様です。

志賀さんのページでは“加重平均すると32.4ヶ月(=2.7年)”と記載されてるのでやはり熟成期間が長い!そんなビールだという事も知らずとあるところのfacebookやツイッターでは『○○発売!』となってましたが、ビアマニアとして凄い樽なんだよという事も記載してもらえるとより購入する可能性が高くなると思うのですが…ビアっぷるは完全にスルーしてました(^_^;)

それにしても過去ビアっぷるの中ではブレンドとはいえ最高の熟成期間のビールを飲ませて頂きましたが、苦味が良い意味で取れ柔らかくまろやかさが素晴らしく感じました。そしてシェリー樽が好みでイチローズモルトの樽は苦手なビアっぷるも、良い意味でイチローズモルト感とのバランスが絶妙に取れ今までのイメージを覆された印象でした。樽で飲めないかな?とも思ったのですが、どうやら以前まで樽での販売もあった?様ですが今回はボトルのみ。という事で密かにどこかのビアイベントで樽が限定で出るのかなぁ?と淡い期待をしているビアっぷるですwww。いやはや貴重なビールを飲ませて頂きましたが、大満足のビアっぷるでした( ´∀`)。

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、イチローズモルト樽熟成の超限定ビール「THE FAR EAST/Barrel Aged Imperial House IPA」をご紹介しました。通販サイトにはまだありそうですが、超人気のレアビールというのは間違いないでしょう。皆さんも機会があれば是非飲んでみてはいかがでしょうか~! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  2. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
  3. 鬼伝説地ビール(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、北海道は登別市にあるのぼりべつ地ビ…
ページ上部へ戻る