【長野】南信州ビール:「南信州IPA」をボトルで飲みました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は上伊那郡にある『南信州ビール』さんから限定醸造の、「南信州IPA」をボトルで飲んだのでご紹介したいと思います。国産の老舗ブルワリーさんの中では唯一IPAとして好みのビールですがボトルで飲むのは初めて。さて、どんな感じなのか興味津々なビアっぷるです( ´∀`)

南信州ビール(イメージ3)

『南信州ビール』南信州IPA 詳細

ビール名:南信州IPA
ブルワリー:南信州ビール
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:51
URL:南信州ビール
facebook:南信州ビール

コチラがその「南信州IPA」のビール画像です。

南信州ビール(南信州IPA)_ボトル01
南信州ビール(南信州IPA)_ボトル02

「南信州IPA(ボトル)」飲み応えレビュー

見た目は、光に当てるとややクリアなブラウン系かな。
香りは、ホップ感よりもモルトの風味がしっかり。
飲み口は、ホップの苦味は喉奥で程よく感じてはいるが樽より明らかに苦味が強め。また、あれ?…と思ったが求めてる甘さがなくモルトからの甘さやコクがも出てない感じ…。ボディはミディアム寄りのライトでいつものどっしり感が感じれないのは何故?炭酸が強めに感じたがどうも樽とはほぼ違う印象で、残念ながらビアっぷるの好みのビールではありませんでした^^;

また、コチラが樽生で飲んだ時の画像とレビューです。

南信州ビール(南信州IPA)_樽01

「南信州IPA(樽)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアな琥珀色という感じでしょうか。
香りは、ホップが控えでモルトの風味が強調されてる印象。
飲み口は、ホップの苦味は控えめで何よりこの求めてる甘さがしっかり出ているのがたまらない。更にホップの控えめな香りとモルトの余韻もしっかり残り飲み応えも抜群。ボディはミディアムでコクもあり非常に飲みやすく、ビアっぷるの好みなビールでした^^

IPAにしてはモルト量が多く、甘味が特徴と思う!

この「南信州IPA」ですが、意外にも定番ではない限定醸造ビールのIPAでなんです。そしてホップはあまり記載される事がないのでわからずで恐縮です。ビールはホップの使用量が通常の4倍との事でこのビールが南信州さんでは一番苦いビール!のはずが…モルトが多く甘いんですよねwww。そこがビアっぷるが昔からとても好みなところで、IPA好きの方も“このIPAだけは甘い”というくらいですから苦くはないはずなんです!

しかしボトルで飲んだ今回は…ホップの苦味が強く甘さがほとんど消えていたんです。何故?という部分は答えがわかるものではないし、プロではないので何ともではあるが色々と要因はあるのでしょう。このビールに関してはクラフトビールを飲み始めた10年位前から樽でしか飲んだ事がなかったが、ビアっぷるが老舗ブルワリーさんの中では一番好みなIPAで、“IPAなのに甘い”のが特徴。その特徴がボトルではビアっぷるが思う“良さ”消えてると感じたので非常に残念でした。ううう、樽の方で今後は飲もうと思ったビアっぷるでした(^_^;)。

はい、という事で今回は長野県は上伊那郡にある『南信州ビール』さんから「南信州IPA」をご紹介しました。クラフトビールはまだまだ嗜好品で感想も十人十色、皆さんも機会があれば自身の舌で確かめてみて下さいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る