【東京】VERTERE(バテレ):「Anthocharis(アンソカリス)」を樽で飲んでみました~

VERTERE(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)』さんから、「Anthocharis(アンソカリス)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。今回はサワーIPAとの事でこのくらいの季節になると、ビアスタイルでもサワーが多くなりますね~酸味が強くなければいいな…と思いつつ飲んでみました(^_^;)

VERTERE(アンソカリス)_イメージ01

『VERTERE(バテレ)』Anthocharis(アンソカリス) 詳細

ビール名:Anthocharis(アンソカリス)
ブルワリー名:VERTERE(バテレ)
スタイル:サワーIPA
アルコール度数:7.4%
IBU:0
URL:VERTERE(バテレ)
facebook:VERTERE(バテレ)

こちらが「Anthocharis(アンソカリス)」のビール画像になります。

VERTERE(アンソカリス)_01

「Anthocharis(アンソカリス)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある黄色という感じかな。
香りは、柑橘系で酸味のある爽やかな感じ。
飲み口は、ホップの苦味はないが予想以上に酸味の強さを感じる。が、飲み続けてると慣れなのか?優しく感じてスイスイ飲めてくるのは意外。求めてる甘さはなく、一瞬の梅っぽい酸味と柑橘っぽい後味に残るエグみ?が気になるかな。ボディはミディアム寄りのライトでドライしたが、残念ながら好みではありませんでした^^;

ラクトバジルス酵母?

この「Anthocharis(アンソカリス)」ですが、ホップはモザイクとヴィックシークレットの2種かな?、で、モルトはPale 2rowとオーツ麦。そして今回はラクトバジルスという酵母を使い醸造されており、酸味はこの効果に、程よい柑橘のアロマを感じれるドライなサワーIPAという感じですね。気になる“ラクトバジルス酵母”というのを初めて聞いて調べてはみたが、出てくるのはラクトバチルスという乳酸菌の微生物。コレかな???似てる名称だが…ちょっとビアっぷるは化学も弱々なので結果的にわかりませんでしたので悪しからず^^;。

フルーツが入ってないサワーとしては…

で、味は酸味は強めに感じたのだが酸味の特性を言葉にするのは難しい…が、敢えてこのビールで表現するとすれば、“フルーツが入ってないサワーでは凄く飲みやすい”という感じでしょうか。酵母を中心に出した酸味がしっかり表現されてる気はしました。まぁ、ビアっぷるが好みではなかったのは“深み”がなくドライで独特な感は一瞬モザイクからかな?とも思ったが、いつも感じるモザイク感とはちょっと違った独特なところかな。表現って難しいが、独特な感じでもちょっとセゾン感をも感じさせた“面白いビール”という感じでしょうかwww。

はい、という事で今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)』さんから、「Anthocharis(アンソカリス)」をご紹介しました。複数回醸造されてるビールの様で詳細がサイトによりチラホラ違いが…前回に続き公式サイトを基準に詳細を記載しましたが相違があればすいません。ただ、皆さんも機会があればビアっぷる的には独特と感じたサワーを是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る