Nomcraft Brewing × Hino brewing:「CHUN CHUN HAZY」を樽で飲みました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、和歌山県有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんと 、こちらも滋賀県蒲生群にある『Hino Brewing(ヒノブルーイング)』さんとの限定コラボビール、「CHUN CHUN HAZY(チュンチュンヘイジー)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。
普通に飲んでたが、このブログを書こうと思って見たら“コラボビール”という事を知ったwww

ノムクラフトブリューイング × ヒノブルーイング(チュンチュンヘイジー)_イメージ01

『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)×Hino Brewing(ヒノブルーイング)』CHUN CHUN HAZY(チュンチュンヘイジー) 詳細

ビール名:CHUN CHUN HAZY(チュンチュンヘイジー)
ブルワリー名:Nomcraft Brewing × Hino brewing
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:5.5%
IBU:13
facebook:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
facebook:Hino Brewing(ヒノブルーイング)

コチラがその「CHUN CHUN HAZY(チュンチュンヘイジー)」のビール画像です。

ノムクラフトブリューイング × ヒノブルーイング(チュンチュンヘイジー)_01

「CHUN CHUN HAZY(チュンチュンヘイジー)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるくすんだ黄色でヘイジーさが伝わります
香りは、ジューシーさが少ないが微かにトロピカルさは感じるかな…
飲み口は、ホップの苦味がありながら持続性も高く舌や喉で残る感じ。また求めてる甘さはなく、ジューシーさやトロピカルさがかなり控えめな印象を受けた。ボディはミディアムで飲み応えもありそうだが、どうも粉っぽさを感じるかな。ヘイジーさが思ったより感じれず、残念ながら好みではありませんでした^^;

コラボ実現はノムクラフトさんがキッカケ

この「CHUN CHUN HAZY(チュンチュンヘイジー)」ですが、ノムクラフトさんがヒノブルーイングさんのラガーを飲んでこのコラボが実現したそうです。当初はCraft Beer live 2020でお披露目の予定が新型コロナの影響で中止。それでもコラボはそのまま続け、完成したビール。双方の醸造という事で対でヒノブルーインさん側からは『ポンポロラガー』というビールを醸造されてる模様。

双方で違うビアスタイルを醸造

で、ホップはアイダホ7を中心にデナリ、カリスタの3種類を使われたのかな?
また各々のブルワリーさんのベースモルト(Bernards Floor Malt Pilsen)を使い、
・Hino Brewing(ラガー酵母を高温発酵でつくる”California Common”)
・Nomcraft Brewing(ミックスKveik酵母を高温発酵でつくる”Hazy IPA”)

と、得意とするビアスタイルにて醸造された様ですね。因みにビール名ですが、日野町と有田川町の方言で高温発酵したという意味で「アツアツ」を意味する、「ポンポロ」と「チュンチュン」という方言から“ポンポロラガー”と“チュンチュンヘイジー”が使われた様ですね。って共に可愛い感じの方言で女性ウケしそうですね~

えっと、今回はノムクラフトさんのビールでしたがジューシーさとトロピカルさに甘さを感じれず…とはいえ、先日はタンクがいっぱいというのをfacebookで記載されてましたので、需要があるブルワリーさんで人気はどんどんUPしてるのでしょう。今回のコラボビールもそうですが、更にクラフトビール業界を盛り上げてもらえると嬉しいですね!

はい、という事で今回は和歌山県有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんと 、こちらも滋賀県蒲生群にある『Hino Brewing(ヒノブルーイング)』さんとの限定コラボビール、「CHUN CHUN HAZY(チュンチュンヘイジー)」をご紹介しました。ビアっぷるの舌には合いませんでしたが、皆さんも自身の舌で確かめてみて下さいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. タッチダウンビール(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、山梨県は北杜市にある『TOUCHD…
  2. ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場のマイクロブル…
  3. うちゅうブルーイング(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UC…
ページ上部へ戻る