【京都】京都醸造:「南国の日差し」を樽で飲んでみました~

京都醸造(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、京都府は京都市にある『kyoto brewing(京都醸造)』さんより、「南国の日差し(TROPICAL RAYS)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。京都さんのフルーツサワーでアルコール7.5%となかなかの数値ですね。ベルジャン感はなさそうですし、好みそうなので飲んでみました~( ´∀`)

京都醸造(南国の日差し)_イメージ01

『kyoto brewing(京都醸造)』南国の日差し(TROPICAL RAYS) 詳細

ビール名:南国の日差し(TROPICAL RAYS)
ブルワリー:Kyoto Brewing
ビアスタイル:フルーツサワー
アルコール度数:7.5%
IBU:10
URL:Kyoto Brewing(京都醸造)
facebook:Kyoto Brewing(京都醸造)

こちらがその「南国の日差し(TROPICAL RAYS)」のビール画像です。

南国の日差し(TROPICAL RAYS)」飲み応えレビュー

京都醸造(南国の日差し)_01

見た目は、まさかのニゴニゴの黄色でした
香りは、ヨモギっぽい感じと優しい酸味が意外に好み
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もないかな。また、求めてる甘さはないが後味にやや甘さは感じるかな。この“ヨモギ”の様なフレーバーがタラゴンだろうか!?。ビールとしては初めてな感じだが、優しい酸味と相まって絶妙なバランスがまたGOOD。ただパイナップル感は見つけきれなかったが、この奥深い飲み応えとミディアム寄りのライトなボディ感は良かった。非常に飲みやすく、ビアっぷるはかなり好みな方のビールでした^^

京都醸造さんのサワーは2種類

この「南国の日差し(TROPICAL RAYS)」ですが、ホップはメルクールのみ?の記載ですね。また京都醸造さんが醸造するサワーには2種類あるとご紹介してくださっており、
・フルーツの豊かな風味を前面に出したもの
・フルーツを他の材料と組み合わせてより複雑な味わいを生み出したもの

という事で今回は後者の方との事。この様に説明して頂けると初めて説明を見た方にもわかりやすくて良いですよね~

“タラゴン”で新感覚!?

また原材料ですが、パイナップル(果汁??)に“タラゴン(別名エストラゴン)”というスパイス?ハーブ?を加えた様です。ビアっぷるは全く聞き慣れないタラゴンでしたが、『土っぽさ、ミントやアニス』っぽいとコメントをされてますが…もう“ヨモギ”にしか思えなかったのはビアっぷるだけだろうか?www。そのヨモギ感がまた優しく強すぎない心地よさで新しい発見!、そしてコチラも強すぎない酸味感に、飲み応え、最後の微甘みのバランスが良かったですね。京都醸造さん得意のベルジャン感がなかったのはビアっぷる的には助かりましたが、これまた機会があれば再度パイントで飲みたいと思ってるビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で京都府は京都市にある『kyoto brewing(京都醸造)』さんより、「南国の日差し(TROPICAL RAYS)」をご紹介しました。ヨモギ+サワー感の新感覚、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る