【静岡】West Coast Brewing:「Full Hop Alchemist v4 Throwback Series」を樽で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「Full Hop Alchemist v4 Throwback Series(フルホップアルケミスト V4 スローバックシリーズ)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。フルホップアルケミストV4の復刻版という事かな?因みにビアっぷるは振り返るとこのV4は飲んでなかった💦。という事で当時と原材料が一緒かは???ですが、飲んでみました✨

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』Full Hop Alchemist v4 Throwback Series(フルホップアルケミスト V4 スローバックシリーズ) 詳細

ビール名:Full Hop Alchemist v4 Throwback Series(フルホップアルケミスト V4 スローバックシリーズ)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:DDH Double IPA
アルコール度数:8.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「Full Hop Alchemist v4 Throwback Series(フルホップアルケミスト V4 スローバックシリーズ)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミスト V4 スローバックシリーズ)_01

Full Hop Alchemist v4 Throwback Series(フルホップアルケミスト V4 スローバックシリーズ)」飲み応えレビュー

見た目は、見た目は鮮やかなオレンジと黄色のコントラスト
香りは、さすがと言わんばかりのジューシーさ炸裂
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌奥で残るもののスッと消える感じかな。また求めてる甘さはない。そしてグレープフルーツの様なフレーバーからジューシーさはさすがしっかり。後味には微な甘さとホップの苦味が程よく残るという感じでスッキリめ。特に温度が上がった際にはもう少し甘さが上がるかな?ボディはミディアムで舌のピリピリ感もなく飲みやすいのだが、このドライ感がやや苦手かな。という事で残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

前回と同じホップかな?…

この「Full Hop Alchemist v4 Throwback Series(フルホップアルケミスト V4 スローバックシリーズ)」ですが、ホップはわからず。因みにビアっぷるが飲んでない元祖V4のホップは、シトラとワカツ、そしてサブロの3種類の様です。今回も?と、記載がない以上わからないがサブロな感はしない気がしてるが…ただ、ジューシーさや色味、そしてボディ感等はこれぞ“WCBさん”ってブレないのはさすがって感じです✨。きっとボディ感のあるドライなヘイジーを求めてる方にはしっくりくる🍺と思われます。ただビアっぷるは、フルホップシリーズは随時新たなのがリリースされており好みは人それぞれも、『FULL HOP ALCHEMIST V13』が一番好み。欲しい甘さとのバランスが絶妙ですし、フルホップの最新作が好みという事は…WCBさん側でも醸造技術が更に進化してるという事と勝手ながら思っています😄

スローバックだがWEBフライヤーは?

そして恒例のWEBフライヤーですが過去は、

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミスト V4)_webフライヤー01

で、最新のスローバックシリーズだと

ウエストコーストブルーイング(フルホップアルケミスト V4 スローバックシリーズ)_webフライヤー01

画自体は変わらない感じですが、ビアスタイルはヘイジーダブルIPAから、DDHダブルIPAに変わったのを文字で前面に出してアピールしたという感じですね。背面が紫という事で全体的に怪しさは満点ですが、やっぱり新たな画を描いてもらいたいなぁ~と、ワガママを言ってみるビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「Full Hop Alchemist v4 Throwback Series(フルホップアルケミスト V4 スローバックシリーズ)」を樽でご紹介しました。グレープフルーツで甘さが少ないドライなヘイジーIPA、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る