【東京】クランクビール:「CrancRyePA(クランクライピーエー)」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログでは初登場となりますね。東京は板橋区にある『クランクビール』さんより、定番ビール?の「CrancRyePA(クランクライピーエー)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。なかなか板橋区へ行く機会がなく、ひょんな事から飲める機会がありましたのでお邪魔してみました。ブルーパブ形式で1つのビールに対してバッチ数も多めでしたので楽しみではあります( ´∀`)

ビール名:CrancRyePA(クランクライピーエー)
ブルワリー:クランクビール
ビアスタイル:Rye IPA
アルコール度数:6.5%
IBU:69
URL:クランクビール
facebook:クランクビール
※定番ビールの様ですが限定醸造カテゴリに入れます

こちらがその「CrancRyePA(クランクライピーエー)」のビール画像です。

クランクビール(CrancRyePA)

見た目は、薄濁りのある茶色って感じですね。
香りは、ホップよりライ麦の感じがふわっと出ていました。
飲み口は、さすがIBU69ながらホップの苦味は舌奥にしっかり残りましたが、ライ麦の風味と味を舌でもフレーバーでも感じれました。ビアっぷるが望む求めてる甘さはないながらも、ビール自体にはコクを感じれました。ボディはミディアムでゆっくり飲むには良いなという感じでした。ただ、1年近く醸造経験をしてるのであればこのくらいのレベルはあって欲しいですが、いかんせん特徴が少ないIPAという感じ。残念ながら好みではありませんでしたが、先々また機会があればどう変わってるのか?という意味では飲んでみたいかな^^;

この「CrancRyePA(クランクライピーエー)」ですがアメリカンホップが4種使われ、ノルウェー酵母の“kveik”を使用したとのこと。酵母名まではさすがにわからないビアっぷるですがうちゅうブルーイングさんの『PLEIADES(プレアデス)』で特に“酵母”を知りたいと思ったので、こういう情報があると嬉しいですね。

その他にも自社醸造ビールはありましたが、ビアスタイル的に惹かれなかったので飲みませんでした。勝手ながら思ったのですが、うちゅうブルーイングさんやWest Coast Brewingさん等など、流れ的に売上や醸造経験を考慮しても“ヘイジー系”を醸造する方が断然注目される率は高いと思うのだが…、タイミング的になかっただけだろうか?それともヘッドブルワーの拘りなのかはわからないが、時代がそこを向いてる内に醸造経験をするって凄く大事な事だと思う。来るかは別として今のヘイジー時代が終わり再度ヘイジー時代が来た際には、『造った経験がない…』よりは遥かに有利。あ、ビアっぷるの余計なお世話ですよねwww。

醸造量的に外販はされてないのか?それとも地元に根付いたブルワリーという事で優先にしてるのか?どちらかというと後者な気がしましたが、何れにせよビアっぷるは他のビアバーさんで見かけた事がない。ビールにはコクを感じれたので、機会があれば今度は違うビアスタイルを飲んでみようかな。最後にこれも余計なお世話ですがクランクビールより、“クランクブルーイング”の方が語呂的にもカッコいいと思ったビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は東京は板橋区にある『クランクビール』さんより、
定番ビール?の「CrancRyePA(クランクライピーエー)」をご紹介しました。
皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント等を紹介しています。そして毎日新たなブログをいち早くツイッターで確認できます。また、人気ブログランキングにて、クリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. スプリングバレー(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログ単体では初登場になります…
  3. カケガワファームブルーイングロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakega…
  4. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  5. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
ページ上部へ戻る