【大阪】國乃長ビール:「グァバヘイジーウィート」をボトルで飲んでみました~

國乃長ビール(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪は高槻市にある『國乃長ビール』さんより、限定醸造の「グァバヘイジーウィート」をボトルで飲んだのでご紹介したいと思います。ビア仲間より数種類プレゼントで頂いた中でもう1種類だけ後日紹介したいと思いますが、國乃長ビールさんのヘイジー系のビール…想像ができないだけにどんな味か気になります( ´∀`)

ビール名:グァバヘイジーウィート
ブルワリー:國乃長ビール
ビアスタイル:フルーツアメリカンウィート
アルコール度数:6.0%
IBU:35
URL: 國乃長ビール
facebook: 國乃長ビール

こちらがその「グァバヘイジーウィート」のビール画像です。

國乃長ビール(グァバヘイジーウィート)_01
國乃長ビール(グァバヘイジーウィート)_02

見た目は、ヘイジーらしさの濁りがない薄めの茶色ですね。
香りは、グァバを微かに感じるがトロピカルさやジューシーさはないかな。
飲み口は、ホップの苦味が想像以上に強めで喉奥にしっかり残る。グァバの酸味か?感じはするもののグァバ自体の味はほぼ消えトロピカル感じれない。求めてる甘さもなく、ヘイジー感にウィート感を感じないというビール名からはちょっと想像できないビール。因みにボディはミディアムでライト寄りで、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

この「グァバヘイジーウィート」ですが使われたホップはわかりませんが、大量にホップを投入されたのは苦味がかなり出てたのでわかるが、グァバもドバンッと投入されてるようですがこれが感じられないですね…。また、ビアスタイルがヘイジーウィートかと思いきや、“フルーツアメリカンウィート”と、また独自の!?独特なビアスタイルでフルーツながらヘイジーなんだけど、ウィートのアメリカンビールって事でしょうか?難しいビアスタイルだなぁ…ボトルで飲んだのでできれば“樽”でも飲んでみたいものです^^;

やはり國乃長ビールさんと言えばビアっぷるは『貴醸ゴールド』です!後は…最近見なくなった『シトラスホワイト』かな。特に『貴醸ゴールド』 の方はこのブログで敢えてご紹介はしていませんが、もう長年のファンです。当時は『貴醸ゴールド』を目当てに、だいぶ前になりますが蔵開きに数回参加させてもらった程、好みです。國乃長ビールさんは寿酒造さんという老舗の酒蔵さんなのですが、“清酒酵母”を使ったビアっぷるの言う“求めてる甘さ”が残る確率が非常に高いビール(稀に甘さがない時があるwww)で、國乃長ビールさんでしか醸造できない独自のビールなんですよね。

イベントなどでも大人気で関東側にはほとんど入ってこないので更に貴重と言えば貴重。蔵開きでもアッという間にボトルは完売し通販サイトでも即完売しますし、なかなか手に入りにくいビールでもあります。このブログでは敢えて“樽”でご紹介したいので、タイミングがあれば是非ご紹介したいと思っております。さていつになる事やら…^^;

話は「グァバヘイジーウィート」に戻して、この系の醸造は苦手なのかもしれないですね。ケルシュやアルト、その他大半のビールは飲ませて頂いておりますが、國乃長ビールさん“らしさ”が消えてる気もしましたし、アメリカンよりドイツ系の方がビアっぷるは“らしさ”を感じると思いました( ´∀`)

はい、という事で大阪は高槻市にある『國乃長ビール』さんより、限定醸造の「グァバヘイジーウィート」をご紹介しました。関東ではなかなか飲めないかもしれませんが、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る