【静岡】West Coast Brewing:Little Cauldron Boy(リトル・コールドロン・ボーイ)を樽で飲みました~

WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「Little Cauldron Boy(リトル・コールドロン・ボーイ)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。どんどん、新ビールがリリースされてるのでブログが追いついてないなwww。このビールはニュージーランド産のホップを使ったとの事で果たしてどんな感じでしょうか( ´∀`)

ビール名: Little Cauldron Boy(リトル・コールドロン・ボーイ)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:Hazy Triple IPA
アルコール度数:9.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラがその「Little Cauldron Boy(リトル・コールドロン・ボーイ)」のビール画像です。

West Coast Brewing(リトルコールドロンボーイ)

見た目は、にごにごの黄色で鮮やかですね~。
香りは、ジューシーでホップの香りもしっかり出てます。
飲み口は、ホップの苦味が強めだが飲み込んでスッと消えたと思ったら…舌の上で余韻がジワジワと、苦いwww。求めてる甘さがこのアルコール度数からあると思ったが意外にもなかった。また、ボディはミディアムで飲みやすくドライでこれでアルコール度数9.0%とは思えないほど。思ったよりホップの苦味が強めだったのですが、意外にもこれは好みな方でした^^;

この「Little Cauldron Boy(リトル・コールドロン・ボーイ)」ですが、ニュージーランド産のホップを使用したとの事だが、珍しくホップ名の記載がなかったのは残念。新種のホップなのかな?味的にはそこまで違和感はなかったものの、最近ヘイジーパレードのイメージがあり、似たビールが多い印象ですね。とはいえ、ビール自体のバランスはさすがですが、現状は『フルーツモンスター』が驚異的に好みだっただけに、このビールは好みな方という感想で留まってしまいました^^;

そして勝手ながら恒例のビールフライヤータイムですねwww。

West Coast Brewing(リトルコールドロンボーイ)_フライヤー

ええ、ホップさんがグツグツ煮込んでるのはきっとホップでしょうね。ホップがホップを…共食いにも思えてならないのですが、ホップの事を知り尽くしているホップさんが、ホップを使ってビールを造る。そりゃ良いビールができる確率は高くなりますよね!と、勝手に想像してしまいましたが実際は…www。しかしこの中心に濃い緑や茶色系を集めた中に、バックが白で且つドットというのが凄くマッチしてると思い、絵と色の融合感とバランスがいいですね~。ビアっぷるはかなり好みな絵でした( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「Little Cauldron Boy(リトル・コールドロン・ボーイ)」をご紹介しました。皆さんも機会があれば是非、飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント等を紹介しています。そして毎日新たなブログをいち早くツイッターで確認できます。また、人気ブログランキングにて、クリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. スプリングバレー(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログ単体では初登場になります…
  3. カケガワファームブルーイングロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakega…
  4. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
  5. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
ページ上部へ戻る