Y.MARKET BREWING × のぼりべつ地ビール鬼伝説:「NEW鬼ヶ島Ⅳ」を樽で飲みました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんと、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール鬼伝説』さんとの毎年恒例コラボビール「NEW鬼ヶ島Ⅳ」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。今回は第4弾との事ですが“Part1🍺”の今回はヘイジーIPAとの事。“Part2”は次回という事で昨年との違いを楽しみにしたいと思います😄

Y.MARKET BREWING×のぼりべつ地ビール鬼伝説(NEW鬼ヶ島Ⅳ)_イメージ01

『Y.MARKET BREWING×のぼりべつ地ビール鬼伝説』NEW鬼ヶ島Ⅳ 詳細

ビール名:NEW鬼ヶ島Ⅳ
ブルワリー名:Y.MARKET BREWING × のぼりべつ地ビール鬼伝説
ビアスタイル:Hazy IPA
アルコール度数:7.5%
IBU:12.3
facebook:Y.MARKET BREWING
facebook:わかさいも本舗

コチラがその「NEW鬼ヶ島Ⅳ」のビール画像です。

Y.MARKET BREWING×のぼりべつ地ビール鬼伝説(NEW鬼ヶ島Ⅳ)_01

「NEW鬼ヶ島Ⅳ」飲み応えレビュー

見た目は、にごにごで鮮やかなオレンジ黄色という感じ
香りは、パイナップルを思わせるトロピカルさを感じます
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もそこまでないかな?。また求めてる甘さは少し感じるかな。そして強烈なホップフレーバーからシトラス感やパイナップル感からジューシーさはしっかり。飲み後にはほのかな甘さはあるが、やや舌でピリピリ感が残るのは気になるかな。それでもヘイジーの余韻は素晴らしく
ビール自体もさすがという感じ。ボディはミディアムで滑らかさもありながら飲み応えもあるも飲みやすい。ビアっぷるとしては好みな方でしたが、昨年と比べてそこまで変化を感じない様な印象を感じました…😅

昨年よりビール自体が濃くなったが…

この「NEW鬼ヶ島Ⅳ」ですがホップは、モザイク、アマリロ、モザイククライオ、シトラクライオを使われており、昨年とホップの種類は一緒で一部クライオホップになってるという感じかな。以前の『NEW鬼ヶ島Ⅲ』はビアっぷるの好みで特にインパクトが強かったので何となく味を覚えており、今回はよりホップ感や飲み応えがUPしたという印象。もしろんビールの素晴らしさも感じましたし、今の“濃いヘイジー時代”を感じる1杯とも思いました。ただ、勝手ながら“コラボビール”という事ならば新たな変化を求めてしまうビアっぷるだけに、変化が欲しかったのは本音ですがWCBさんやうちゅうさんの様な濃いヘイジーIPAを好む方、そして甘さがやや弱めで飲み応えを求めてる方にはマッチする🍺ではないでしょうか👀。

気になる“Part2”は…

『NEW鬼ヶ島Ⅳ nether NEW ONIHGASHIMA』がビール名で、ビアスタイルはニューイングランドブラックWIPAとの事。ブラックIPAが苦手なビアっぷるも、初めて聞いた新しいビアスタイル。またアルコール度数も8.5%と一気に上がりNE風なら…飲みますよね👀✨。また、このビールでは自作自演との事で『勝手に裏物語』もある様でさすがこの両ブルワリーさんのコラボなら、只では終わらないという感じで拘りの1杯🍺を感じます。大人気のブルワリーさんの新スタイル、後日ご紹介できればと思います😄

はい、という事で今回は愛知県は名古屋市にある『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんと、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール鬼伝説』さんのコラボビール「NEW鬼ヶ島Ⅳ」をご紹介しました。飲み応え抜群のヘイジーIPAのですが、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る