【静岡】West Coast Brewing:「The Sheriff(ザ・シェリフ)」を樽で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「The Sheriff(ザ・シェリフ」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ヘイジーIPAではなくジューシーIPAの今回ですが、アルコール度数6.5%とビアっぷる的には数字上は低く感じるWCBさんの🍺はどんな感じでしょうか😅

ウエストコーストブルーイング(ザ・シェリフ)_イメージ01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』The Sheriff(ザ・シェリフ 詳細

ビール名:The Sheriff(ザ・シェリフ)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:Juicy IPA
アルコール度数:6.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「The Sheriff(ザ・シェリフ)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(ザ・シェリフ)_01

The Sheriff(ザ・シェリフ」飲み応えレビュー

見た目は、濃い明るめなオレンジ色という感じかな
香りは、微かにオレンジっぽいのと柑橘さを感じる
飲み口は、ホップの苦味はややありながら持続性も舌奥で残るが許容範囲内かな。また求めてる甘さはない。そして飲んだ瞬間感じたのが、柑橘由来であろうエグみっぽさ。そこからホップフレーバーがドーン!って感じ。ジューシーさもあるのだが飲み後にはほとんど甘さを感じれず。逆にちょい苦手なホップ感が出てるかも!?。ボディはミディアム寄りのライトで飲み応えは…いつものWCBさんに比べやや物足りなく感じてしまったが、口当たりはよくスッキリ。それでも柑橘のエグみが後に残るのが気になって仕方ない…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ホップは4種類でジューシーIPAを醸造

この「The Sheriff(ザ・シェリフ)」ですが、使用ホップはロータス、シトラ、ギャラクシーとワカツの4種類かな。久しぶりにワカツのホップを使った🍺を飲んだ印象だが、ビアっぷる的にはコレがやや味的には苦手だったかも!?。そして原材料にはオーツ麦はあれどラクトースも使用され醸造されたジューシーIPA。ビールコメントには、
ジュワッと香る、みかんの皮や果肉のような完熟感
柑橘の果皮を連想させるほろ苦さで、甘みをバランス良くトリミング
という事ですが…えっと、ここからは複数のビア仲間と話してて感じたことを1つ。

甘さの感じ方…そして人の舌は十人十色。

ビアっぷるにはこの🍺で甘さを感じなかったが、複数のビア仲間には甘さを感じるとの事。舌が壊れたか?というのはなしとして、ビアっぷるはそもそも他の人と“苦味センサー”の違いはあると思ってはいたが、薄々感じてはいたが、どうやら“甘さセンサー”も違うと感じたキッカケの🍺。パイントだけにじっくり飲みながら検証してみたが…ことこの🍺では『エグみ>甘さ』、『エグみ>みかん』という感じ!?👀。元々エグみとグラッシーさには特に敏感だが、エグみが強いと甘さやみかん感かなり掻き消されてしまう舌なのかな?…。とはいえクラフトビールは未だに嗜好品、そして人の舌は十人十色です。人の感想にケチを付ける気は毛頭ないですし、自分自身で感じた舌にあーだこーだ言ってもそう感じるのだから仕方ない💦。良い意味で“甘さセンサーが人と違うんだ”とか、“えぐみに敏感なんだ”とか自身の舌を知った事をプラスに思い、今後に活かせればと思うビアっぷるです😅

今回のWEBフライヤーは!?

そして勝手ながらビアっぷる恒例のWEBフライヤーですが、

ウエストコーストブルーイング(ザ・シェリフ)_webフライヤー01

今回は…西部劇を思わせるホップさんが現れましたね!で、腰のベルトには銃の球が複数刺さってますが…ガンホルダーに入ってるのは“缶”。缶にこの球を詰めるのか!?とエンターテイメント性をもたせたウェブフライヤーという感じですね~🎶。ビアっぷる的にはこのややブラック系のテンガロンハットがカッコイイと感じましたが、全体的な画は…今回は好みな方じゃなかったので、また次回のウェブフライヤーを楽しみにしてます✨😄


はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「The Sheriff(ザ・シェリフ)」を樽でご紹介しました。みかん感や甘さを感じる方が多いというビールですが…皆さんも機会があれば自身の舌で確かめてみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  2. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  3. パシフィックブリューイング(パーミット)_ロゴ01
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となります。神奈…
ページ上部へ戻る