兵庫県豊岡市の『城崎ビール(きのさきびーる)』から「ピルスナー」を樽で飲みました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

またまた、『Craft Beer Live 2018』ネタとなりますが、
関東側にいるビアっぷるには珍しいビールばかりですので
しついこですが随時紹介していきたいと思ってます^^;

今回は兵庫県の『城崎ビール(きのさきびーる)』さんが醸造された、
「ピルスナー」を樽で飲みました。
はい、こちらは1997年に醸造開始してる地ビール時代の
ブルワリーさんですがもちろん初飲みですので
どの様な味なのか興味津々です^^

ビール名:ピルスナー
ブルワリー:城崎ビール(きのさきビール)
スタイル:ピルスナー
アルコール度数:4.5%
URL:城崎ビール

こちらが「ピルスナー」の画像です。

見た目はやや濃い目のピルスナーですね。
香りはややスパイシーさを感じたのは気のせいだろうか?
飲み口は、苦味が程よくあり水っぽくなくバランスは取れてると思った。
が、もう一押し何か欲しい気もするがこれはこれで好みの方は多いと思った。
はい、ビアっぷるは好みではありませんでした^^;

はい、この城崎ビールさんですが、
近くには温泉地で有名な『城崎温泉』があるんですね!
観光地ですし温泉の後に一杯はたまらないですね~(^.^)

そしてビールの種類ですが、

・ピルスナー(空のビール)
・スタウト(黒のビール)
・ヴァイツェン(川のビール)
まではよくあるビールですが、まさかの…
・カニビール(雪のビール)
…え、カニビール!?(・_・;)と、

一番右側のビールですがカニのラベルが貼ってあり、
一瞬『カニを使ったビール!?』と思いましたが、
どうやら、『カニに合うビール』を造った様で
ある意味ホッとしたのとちょっと気になるビアっぷるです^^;

また、ピルスナーがチェコのザーツホップを使ってる様ですが、
今回イベントに出てたビールがこのピルスナー(空のビール)かは
確認してませんがボヘミアン感はなかった気がするのだが…

うっかり見逃してましたが気になる情報がfacebookにあった…
今回伊丹空港から『Craft Beer Live 2018』に向かったのですが、
なんと2018年4月18日に空港の3階でレストランをOPENしてた様ですが、
そこで伊丹空港さんのオリジナルビールを醸造&提供してたとの飲事で、
それを知ってれば帰りに寄りたかったな…(-_-;)

伊丹空港さんのオリジナルビールを醸造できる程の城崎ビールさん。
出来れば現地で別のビールも飲んでみたいですね!
皆さんも機会があれば飲んでみてくださいね~

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. タッチダウンビール(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、山梨県は北杜市にある『TOUCHD…
  2. ブラックタイドブリューイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場のマイクロブル…
  3. うちゅうブルーイング(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UC…
ページ上部へ戻る