【宮崎】ひでじビール:「宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.」を樽で飲んでみました~

ひでじビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、このブログでは初登場となるかな?有名なブルワリーさんですが宮崎県延岡市にある、『ひでじビール』さんから限定醸造の「宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。

ビール名:宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.
ブルワリー名:ひでじビール
ビアスタイル:フルーツラガー
アルコール度数:5.0%
URL:ひでじビール

こちらが「宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.」の画像です。

見た目はやや濁った感じですね。
香りですがフルーティーな感じはするがマンゴー感はない。
飲み口は、先にマンゴー感がきて後から程よいホップの苦みがくる印象。甘味はないがスッキリで飲みやすいですね。はい、ビアっぷるはちょっと好みではないなぁ…^^;

今までひでじビールさんを紹介してませんでしたが、もう有名過ぎてビールを挙げても…というのが本音ですかね。
スタイル毎に様々な賞を受賞してますが何といっても昨年の『WBA(ワールド・ビア・アワード)』のスタウト&ポーター部門で最高賞を獲った、
ビール名:栗黒(くりくろ)
スタイル:フレーバードスタウト
アルコール度数:9.0%
IBU:15
等を醸造してるブルワリーさんで世界一ですからね~、これで世界的にも需要も上り有名になった感じですね^^

はい、そのひでじビールさんですがクラフトビールを飲み始めた時からビールのラインナップで大抵何かが繋がってました。ビアっぷるはひでじビールさんの中では『太陽のラガー』が1番好みですね。ジャーマンピルスナーですが飲みやすく夏にぴったり。ただ、今はボヘミアンスタイルが好きなので飲まなくなりましたが、今回、「宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.」と『マンゴー』の言葉があればやはり気になり飲んでみたという流れ。マンゴーを使ったらマンゴーの甘味を求めるか、大人なマンゴーで甘味を抑えたビールを造るかで変わりますよね。因みにビアっぷるは前者ですので果実の甘みが欲しかったなぁ~

という事で、そんなこんなで今回は『ひでじビール』さんの「宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.」を紹介しましたが、皆さんも機会があれば飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る