宮崎県延岡市の『ひでじビール』から限定醸造「宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、このブログでは初登場となるかな?
有名なブルワリーさんですが宮崎県延岡市にある、
『ひでじビール』さんから限定醸造の
「宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.」を
樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。

ビール名:宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.
ブルワリー名:ひでじビール
スタイル:フルーツラガー
アルコール度数:5.0%
URL:ひでじビール

こちらが「宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.」の画像です。

見た目はやや濁った感じですね。
香りですがフルーティーな感じはするがマンゴー感はない。
飲み口は、先にマンゴー感がきて後から程よいホップの苦みがくる印象。
甘味はないがスッキリで飲みやすいですね。
はい、ビアっぷるはちょっと好みではないなぁ…^^;

今までひでじビールさんを紹介してませんでしたが、
もう有名過ぎてビールを挙げても…というのが本音ですかね。
スタイル毎に様々な賞を受賞してますが何といっても
昨年の『WBA(ワールド・ビア・アワード)』
スタウト&ポーター部門で最高賞を獲った、
ビール名:栗黒(くりくろ)
スタイル:フレーバードスタウト
アルコール度数:9.0%
IBU:15
等を醸造してるブルワリーさんで世界一ですからね~
これで世界的にも需要も上り有名になった感じですね^^

はい、そのひでじビールさんですがクラフトビールを飲み始めた時から
ビールのラインナップで大抵何かが繋がってました。
ビアっぷるはひでじビールさんの中では『太陽のラガー』が1番好みですね。
ジャーマンピルスナーですが飲みやすく夏にぴったり。
ただ、今はボヘミアンスタイルが好きなので飲まなくなりましたが、
今回、「宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.」と
『マンゴー』の言葉があればやはり気になり飲んでみたという流れ。
マンゴーを使ったらマンゴーの甘味を求めるか、
大人なマンゴーで甘味を抑えたビールを造るかで変わりますよね。
因みにビアっぷるは前者ですので果実の甘みが欲しかったなぁ~

という事で、そんなこんなで今回は『ひでじビール』さんの
「宮崎マンゴーラガー2018 AROMA HOP ver.」を紹介しましたが、
皆さんも機会があれば飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんか…
  2. 伊勢角屋麦酒(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 先日、このブログで紹介した東京の八重洲にできた『伊…
  3. 秋田あくらビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、秋田県秋田市にある『秋田あくらビール』さん…
  4. 京都醸造(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は滅多に飲まないブルワリーさんのコラボビールが…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今週水曜に深海晶(しんかいあきら)こと新垣…
ページ上部へ戻る