【山梨】うちゅうブルーイング:「シリウス/No.357」を缶で飲みました~

うちゅうブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、山梨県は北杜市にある『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんから、「SIRIUS(シリウス)/No.357」を缶で飲んだのでご紹介したいと思います。ひょんな事からビア仲間から“最近買える様になったね”とプレゼントで頂きました🍺。そして『BIRTH(バース)/No.305』以来ですが…あの濃さは戻ったかな?と思いつつどんな感じでしょうか?😄

うちゅうブルーイング(シリウス/No.357)_イメージ01

『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』 SIRIUS(シリウス)/No.357 詳細

ビール名:SIRIUS(シリウス)/No.357
ブルワリー名:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:???
URL:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
facebook:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)

コチラがその「SIRIUS(シリウス)/No.357」のビール画像です。

うちゅうブルーイング(シリウス/No.357)_缶01
うちゅうブルーイング(シリウス/No.357)_缶02

SIRIUS(シリウス)/No.357」 飲み応えレビュー

見た目は。にごにごでくすんだ山吹色という感じでしょうか
香りは、“らしさ”を感じる柑橘なホップ感かな
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はほとんど感じないかな。また求めてる甘さはない。そして柑橘さとちょいフルーティーさを感じ、ジューシーさはあまり感じれず甘さは微あり程よい苦味が優しく残る印象。ボディはミディアムで口当たりはかなり円やか。飲み応えもあるが、甘さが物足りず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

メタリック系の缶ラベルがカッコいい!

この「SIRIUS(シリウス)/No.357」ですが、ホップはシトラのみ!?はちょっと意外でした。原材料にはカナダ産の麦芽を使い醸造されたヘイジーではないIPAという事ですね。新工場後に複数飲ませて頂き、立て続けに“水っぽさ”を感じて以前の濃さがなかったので飲むのを控えていたビアっぷる。久しぶりに飲ませて頂くも、以前より少しは濃さが増した印象を受けたがまだ物足りなかった😅。好みや感じた方人それぞれで且つビールにも寄るのは百も承知ですが、公式サイトでは常未だに完売の様ですね、凄い😵。ただ、以前に比べ量も多く生産される事からも関東側ではアチコチ買える様になってますね。ビアっぷるも缶やボトルを購入する箇所では4~5種類置いてる事もしばしばで、勝手ながらビアっぷるが凄く気になるのが…缶のラベル。今回のメタリックブルーの様なシリウスもそうですが、パープル系の“GEISHA(ゲイシャ)”や蛍光の“FRESH HOP DDH RUSTIC DIPA(フレッシュホップDDHラスティックDIPA)”、グリーンっぽい“METATRON(メタトロン)”等などカッコイイですよね~✨。これだと棚で目立ち手にとってくれる率も高くなりそうな印象を受けます。逆に先日他のブルワリーさんのビールでしたが手に取るのを控えたラベルもありましたけど😅。いやはやビール自体も人気でラベルもカッコいいって…やはり人気のブルワリーさんはそれ相応の理由がありますよね!今後のラベルに注目したいビアっぷるです😄

はい、という事で今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)』さんから、「SIRIUS(シリウス)/No.357」をご紹介しました。IPAながらホップの苦味が控えめなのを好む方にはオススメ。皆さんももし手に入る機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る