【静岡】ウエストコーストブルーイング:「TDHSSR CRYO」を缶で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「TDHSSR CRYO(ティーディーエイチエスエスアールクライオ)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『#refresh(リフレッシュ)』であのユナイテッドアローズさんとのコラボで驚いたビールでしたが、今回はWCBさん2周年記念で醸造され、WCBさんで一番ビアっぷるが好みなスーパーサンライズがトリプルドライホップされてリリース✨。ドライホップをされてるのは気がかりも…さてさてどんな感じでしょうか😄

ウエストコーストブルーイング(TDHSSR CRYO)_イメージ01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』TDHSSR CRYO(ティーディーエイチエスエスアールクライオ) 詳細

ビール名:TDHSSR CRYO(ティーディーエイチエスエスアールクライオ)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:トリプルドライホップドヘイジートリプルIPA
アルコール度数:9.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「TDHSSR CRYO(ティーディーエイチエスエスアールクライオ)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(TDHSSR CRYO)_缶01
ウエストコーストブルーイング(TDHSSR CRYO)_缶02

TDHSSR CRYO(ティーディーエイチエスエスアールクライオ)」飲み応えレビュー

見た目は、光加減で違いますがニゴニゴでベージュ寄りな感じでした
香りは、これぞWCBさん“らしさ”を感じるホップ全開のヘイジー感
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性も舌奥で残るが許容範囲内。また求めてる甘さは微感じるかな。爆裂な柑橘さのあるホップフレーバーから、マンゴーさを感じながらジューシーさと飲み応えさが圧巻。飲み後にも絶妙な甘さを感じて、やや強めな苦さはあるものの少し感じてスッと消える…とこも好ポイント。温度が上がっても苦味は強くならず濃さがたまらない。ボディはヘヴィ寄りのミディアムでモザイク苦手のビアっぷるでもめちゃくちゃ飲みやすく、アルコール度数9.0%はどこへ?。文句なしに好みなビールでした✨

色眼鏡ではなく、好み。

この「TDHSSR CRYO(ティーディーエイチエスエスアールクライオ)」ですが、WCBさん2周年記念で醸造されたビール🍺。ビール名だけではピンとこなかったのですが、ビア仲間より“スーパーサンライズの新しいのが出たよ”の一言で…目が😍こんな感じになってしまいました✨。そのビール内容ですが、ホップはアイダホ7とシトラ、そしてモザイクホップのクライオ100%で醸造されたトリプルドライホップドヘイジートリプルIPA。過去にはドライホップをされたスーパーサンライズは苦手な時もあったが、今回は苦手なモザイク感の嫌さもなくスーパーサンライズのベースの味も合わさり色眼鏡ではなく冷静に判断しても抜群な好みさ。ましてや先日ご紹介の『Never Been Single(ネバー・ビーン・シングル)』は、モザイクホップのみを使ったビールでしたが、好みな方だっただけに醸造の技術で好みじゃないホップも好みになるのもあるんだな改めて実感。できれば樽(ドラフト)で飲みたいが…我慢ですね。缶を見つけた際には必ず再度購入したいと思うビアっぷるです😄

恒例のウェブフライヤーは…

ウエストコーストブルーイング(TDHSSR CRYO)_webフライヤー01

今回はこんな感じですね。バックには元祖スーパーサンライズの絵(ラベル)が使われてます。また、両端を残した真ん中に白余白のバランスも駆使され2周年さが伝わる絵。ビアっぷる的には“2”の部分はつぎはぎな感じでカラフルさを強調された印象だがあまり好みではないが、何よりビール名とロゴのシルバーと黒、グレーでツヤ感を出したデザインセンスが凄く好み✨。これプレゼントで熨斗の変りみたいな感じで使われて送られて来たら最高に嬉しいなぁ~😍と、勝手に思ったビアっぷるでした😄

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「TDHSSR CRYO(ティーディーエイチエスエスアールクライオ)」をご紹介しました。好みは人それぞれだがビアっぷるにはスーパーサンライズシリーズは偉大です😅。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る