【岐阜】カマドブリュワリー:「エンドレスノットヘイジーIPA」を樽で飲んでみました~

カマドブリュワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、岐阜県は瑞浪市である「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」さんより、「Endless Knot ヘイジーIPA(エンドレスノットヘイジーIPA)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は、『PI-NE-IPA(ピーアイエヌイーアイピーエー)』のレッドエールをご紹介しましたが、それより前のリリースの為、飲める機会が少ないと思われるビールですがご容赦くださいませ😵

カマドブリュワリー(トップイメージ)_01

「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」Endless Knot ヘイジーIPA(エンドレスノットヘイジーIPA) 詳細

ビール名:Endless Knot ヘイジーIPA(エンドレスノットヘイジーIPA)
ブルワリー名:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:Camado Brewery(カマドブリュワリー)
facebook:Camado Brewery(カマドブリュワリー)

それでは「Endless Knot ヘイジーIPA(エンドレスノットヘイジーIPA)」のビール画像はコチラです。

カマドブリュワリー(エンドレスノットヘイジーIPA)_01

「Endless Knot ヘイジーIPA(エンドレスノットヘイジーIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめなベージュ寄で綺麗ですね~
香りは、熟したミカンの様な甘さを感じるかな
飲み口は、ホップの苦味が控えめで持続性は舌奥や喉奥にも残らない感じかな。また求めてる甘さは微感じる。そして柑橘さ、後にちょいグラッシーさ等の複雑なホップフレーバーから、程よい苦味と後味にちょっとした甘さにトロピカルさ。ボディはミディアム寄りのライトでジューシーさは控えめで欲しい飲み応えが物足りない感じではあるが、全体的なバランスと飲みやすさはさすがが凄く好ポイント。ビアっぷるの好みな方のビールでした✨

ドリンカビリティなヘイジーIPA

この「Endless Knot ヘイジーIPA(エンドレスノットヘイジーIPA)」ですが、旬な情報ではないので恐縮ですが、ホップはYakima Chief Hopsさんの新作ホップブレンド「CRYO POP(クライオポップ)」を日本でいち早く取り入れ、原材料には糖類を加え醸造されたヘイジーIPAとの事。今回のヘイジーを飲んで感じた事は、今までのカマドさんのヘイジーといえばホップの苦味(エグミの様な苦味も含む)が主で甘さがほとんど感じれないビール🍺が多かった印象。また、コラボになってしまうがNamachaん Brewing(なまちゃんブルーイング)さんとコラボした『CAMA×NAMA 3IPA』が甘さ濃さ共に断然好みの中、今回は凄くドリンカビリティを感jさせたヘイジーIPAでやや控えめな甘さと心地よいフレーバー、そして何より飲みやすさのバランスがビアっぷるには好ポイントで好みな方のビールに至りました。ビールが取りにくいせいか?周りのビアバーさんではほぼ見かけなくなりましたが、ヘイジーIPA、インペリアルスタウト、そして待望のバーレーワインを飲める機会が飲ませて頂きたいビアっぷるでした😄
https://beer-navi.net/11035

はい、という事で今回は岐阜県は瑞浪市にある「Camado Brewery(カマドブリュワリー)」さんから、「Endless Knot ヘイジーIPA(エンドレスノットヘイジーIPA)」を紹介しました。ドリンカビリティなヘイジーIPA。皆さんも機会あれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る