AJB×京都醸造:「峠越え」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『AJB(Anglo Japanese Brewing)』さんと京都府は京都市にある『kyoto brewing(京都醸造)』さんとのコラボビール、「峠越え」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。AJBさんのビールは『戸隠乃蕎麦ビール/RoastそばIPA』以来だが、コラボでビアスタイルがサワーブラウンエールに少し興味があり飲んでみることに。さて、どんな感じでしょうか😄

anglo japanese brewing×kyoto brewing(峠越え)_イメージ01

『AJB(Anglo Japanese Brewing)×kyoto brewing(京都醸造)』峠越え 詳細

ビール名:峠越え
ブルワリー名:AJB(Anglo Japanese Brewing)×kyoto brewing(京都醸造)
ビアスタイル:Barrel Aged Sour Brown Ale
アルコール度数:7.5%
IBU:???
facebook:AJB(Anglo Japanese Brewing)
facebook:Kyoto Brewing(京都醸造)

こちらが、その「峠越え」のビール画像です。

anglo japanese brewing×kyoto brewing(峠越え)_01

「峠越え」飲み応えレビュー

見た目は、透け感のない濃いブラックという感じかな
香りは、赤ワインを思わせる風味が引き立ってる印象
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はエグみに近い苦味が残るかな。また求める甘さはない。そして赤ワインを思わせる木樽香のフレーバーから、今度は白ワインを思わせる酸味を感じつつも喉奥でエグみさを感じる苦味がジワジワ。飲み後には熟成された甘さは微感じたが物足りずも木樽香の余韻が優しく心地よかった。ボディはミディアム寄りのライトで7.5%を思わせない飲みやすさだが、残念ながら好みには至りませんでした💦

熟成期間2年以上は中々…

この「峠越え」ですが、すいません…ホップや原材料共に残念ながら記載が見つかりませんでした。どうやら2019年に京都醸造さんがAJBさんへ出向きビールを仕込まれ、そこからワイン樽&ウイスキー樽で2年以上かけてAJBさんの木樽貯蔵室にて熟成し完成したサワーブラウンエールとのこと。いやはやこのご時世で2年以上の月日をかけ、これだけの期間と手間かけて熟成し醸造されるって…良い意味でクラフトビールのマイクロブルワリーさんならではの“拘り”を感じました✨。また、好みは人それぞれという事で恐縮ですが…シェリー樽は好むがワインやウイスキー樽を好まないビアっぷるには好みではなかったが、ビア仲間からは一口飲み込んで、『素晴らしい!そして複雑だが深い…』との感想。残念ながら共感を得れなかったのが悔しいが、リリースが今年7月7日でそこからコロナ禍で期間が空き、今度は樽内熟成が進んだ感じで熟成期間は更にUP😅。中々飲めるものではないが、ボトル(750ml)かな?まだ販売されてる箇所もある様で、もしご購入された方はそこから更に熟成させてみて楽しむのも良いですね。ええ、小素直に良い経験をさせて頂いたと思えたビールでした😄

はい、という事で今回は、『AJB(Anglo Japanese Brewing)』さんと『kyoto brewing(京都醸造)』さんとのコラボビール、「峠越え」をご紹介しました。特に味に複雑さを感じるサワー、是非興味のある方は飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る