【熊本】アマクサソナービール:「リンゴちゃん」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより、東京は幡ヶ谷にある“肉と麦”さんのOpen1周年を記念しコラボされた「RINGO‐CHAN(リンゴちゃん)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『TROPICAL STORM(トロピカルストーム) vol.2』でしたが、今回は大人の事情で飲ませてもらったスムージーサワー🍺。さて、どんな感じでしょうか😄

アマクサソナービール(リンゴちゃん)_イメージ01

『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』RINGO‐CHAN(リンゴちゃん) 詳細

ビール名:RINGO‐CHAN(リンゴちゃん)
ブルワリー:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
ビアスタイル:フルーツスムージーサワー
アルコール度数:4.0%
IBU:???
facebook:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
facebook:焼肉スタンド 肉と麦

こちらが「RINGO‐CHAN(リンゴちゃん)」のビール画像になります。

アマクサソナービール(リンゴちゃん)_01

「RINGO‐CHAN(リンゴちゃん)」飲み応えレビュー

見た目は、ブクブク弱めでニゴニゴの濃いオレンジベージュという感じでしょうか
香りは、ちょい梅っぽさを思わせる感じからカスタードさ
飲み口は、絶妙な塩梅のシナモンさが鼻腔をくすぐりフルーツ由来であろう酸味が後追い。原材料を見てなく何のフルーツが抜きん出てるかはピンとこなかったが、フルーツからのジューシーさはちょい感じる。飲み後には酸味は穏やかだが、甘さや飲み応えにトロみはなく、ボディはライトですっきりさっぱりな印象。軽いカクテルジュースな感じで、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ライトスムージーサワーかな?

この「RINGO‐CHAN(リンゴちゃん)」ですが、冒頭でもお伝えした通り“肉と麦”さんのコラボビールですが、何故だかその他にも?浅草のTHE DAYさんと大阪のポゴジローさんの4社のコラボビールでもあるそう…ええ、ビアっぷるはどのお店もお伺いした事がなく恐縮ですがご興味のある方は是非お店へ😄。さて、今回のスムージーですがやはりホップは使用なし。その他原材料には、国内産のリンゴにキウイ、プラムにマンゴーにピーチ、そしてアマクサさんと言えばカスタードクリーム。更にはナッツ・シナモン・砂糖を加え醸造されたフルーツスムージーサワーとの事。アルコール度数は4.0%でかなり軽めにできており、スムージーサワーのコラボビールとなると…コスト的からもビアっぷるが求めるアマクサさん“らしさ”と思える『Uncharted(アンチャーテッド)』や『SPREAD(スプレッド)』の様なのは求めるだけ厳しく想定の範囲内だったかな😅。ただ、好みや感じ方は人それぞれですが、トロみや濃さはなくも酸味のあるライトなスムージーという感じで楽しむ方も多いと思うので、酸味あるさらりとしたスムージーサワーを求めてる方には合いそう✨。しかしまだまだ一部ではスムージーサワーが流行ってる感じですが、どこまで続くのかは非常に興味津々なビアっぷるです。

はい、という事で今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより「RINGO‐CHAN(リンゴちゃん)」をご紹介しました。ライトなスムージーサワー🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る