【青森】ビーイージーブルーイング:「けやぐの紅」を樽で飲んでみました~

Be Easy Brewing(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、青森県は弘前市にある『Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)』さんから『Keyagu no Kurenai(けやぐの紅)』を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Hoppy Kolsch(ホッピーケルシュ)』でしたが、今回は偶然意気投合した外国人の方にオススメ!と言われ飲んでみたが、偶然にも地元企業さんとのコラボビール✨。さて、どんな感じでしょうか😄

ビーイージーブルーイング(けやぐの紅)_イメージ01

『Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)』Keyagu no Kurenai(けやぐの紅) 詳細

ビール名:Keyagu no Kurenai(けやぐの紅)
ブルワリー名:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)
ビアスタイルヘイジーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)
facebook:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)

コチラが「Keyagu no Kurenai(けやぐの紅)」のビール画像です。

ビーイージーブルーイング(けやぐの紅)_01

「Keyagu no Kurenai(けやぐの紅)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめないいろオレンジ
香りは、グラッシーさと加糖された様な甘やかさが気になる…
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はちょい舌先でんコル程度かな。また求めてる甘さはない。そしてグラッシーなホップフレーバーが気になりつつも、ジューシーさはややあり。ただ、飲み後は意外にも甘さが消えドライでホップのホロ苦さがやや顔を出す。ボディはミディアム寄りのライト、ややトロみも感じれ飲みやすいが濃さと飲み応えは物足りず。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

地元企業さんとのコラボビール

この「Keyagu no Kurenai(けやぐの紅)」ですが、どうやら青森県や秋田県が地盤というベニーマートさん(スーパーマーケット)やメガさん(ドラッグストア)、そしてカブセンター(複合型ショッピングセンター)等を運営する『紅屋商事』さんとのコラボビールだそうです。そんなコラボビールですが、残念ながらホップやその他原材料の記載がなしも未だ人気のヘイジーIPAを醸造されています。ええ、詳細がない分妄想になって恐縮だが…確認したかったのが“アロマのみで感じた加糖された様な甘さ”の部分。もちろん感じ方と好みは人それぞれだが、今回は味には感じれなかったが、確認の意味も含め使用されたどの原材料なののかを知りたかった😵。それとは別にビールとしては、好みは人それぞれだが苦手なグラッシーなホップフレーバーに濃さと飲み応えが物足りず、ビアっぷるが求めてるヘイジーの方向性とは違う反面、黄色オレンジの色味とややジューシーさを感じれたのは好ポイントでした✨。今回は、地元で有名な企業さんとコラボはとても嬉しい限り。どの地域でもそうだが、地元の企業さんとのコラボビールがもっと広がり、クラフトビールの活性化に繋がる事を願うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、青森県は弘前市にある『Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)』さんから「Keyagu no Kurenai(けやぐの紅)」をご紹介しました。甘さ控えめで飲みやすい軽めなヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る