【熊本】アマクサソナービール:「アンチャーテッド)」を樽で飲んでみました~

アマクサソナービール(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより、「Uncharted(アンチャーテッド)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Trench(トレンチ)』のライトなヘイジーIPAでしたが、今回は少し前に飲ませてもらった待望のドラフトで飲むスムージーサワー✨。さて、どんな感じでしょうか😄

アマクサソナービール(アンチャーテッド)_イメージ01

『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』Uncharted(アンチャーテッド) 詳細

ビール名:Uncharted(アンチャーテッド)
ブルワリー:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
ビアスタイル:フルーツスムージーサワー
アルコール度数:6.5%
IBU:???
URL:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
facebook:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)

こちらが「Uncharted(アンチャーテッド)」のビール画像になります。

アマクサソナービール(アンチャーテッド)_01

「Uncharted(アンチャーテッド)」飲み応えレビュー

見た目は、ベージュ色でにごにごの泡がブクブク…
香りは、バナナ感が強めでパイナップルも少々
飲み口は、パイナップルの程よい味と甘酸っぱさを感じつつ強めなバナナ感が一気に押し寄せてくる。決して甘ったるくもなく、飲み後にはバニラ感が優しく余韻から甘酸っぱさもきゅっと。ボディはミディアムでドロドロというよりはトロトロという感じで滑らかさもしっかり。そして飲み応えもありながら上品な甘さ+パインの甘酸っぱさとのバランスも非常にGOOD。UKパイントがあっさり無くなったが…ビアっぷるは凄く好みなスムージーサワーでした✨

泡がブクブク…ブクブク…

この「Uncharted(アンチャーテッド)」ですが、今回もホップの使用はなし。また原材料にはパイナップルにバナナ、そしてバニラビーンズと、熊本銘菓で『くまもと果房』さんの阿蘇ジャージーミルクを使用したカスタードクリームを大量に使い醸造されたスムージーサワーですね。毎度何を原材料に使われるか興味をそそられるビアっぷるですが、『熊本果房』さんのサイトを拝見すると“カスタードケーキ”に使われてるカスタードクリームかな?お菓子自体も美味しそうですし、地元銘菓さんのお力を借りるとか地元愛を感じるブルワリーさんですね~😄。で、ビアっぷる的に過去スムージーサワーの中では衝撃的だった『SPREAD(スプレッド)』には敵わないが、2番目に好みなスムージーサワー😍。全体的なバランスに複数の複雑に混じった素材が1つ1つ感じれるところは素晴らしいのは以前からだが、今回スプレッドとは違うエンターテイメント性を感じたのが、サービング後は特に違和感がなかったが少し経つと…表面がブクブク…ブクブク…泡と共に液体が盛り上がってきたのがビール画像でわかるでしょうか?😅。少量でもいいからホップを使って欲しい気持ちはありつつ、それでも楽しみながら飲めた上にかなり好みだったのが嬉しい限り。相変わらずアマクサさんのスムージーは大人気ですが、また次回もリリースされるならば!?、楽しみにしたいと思うビアぷっるでした😁

はい、という事で今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより「Uncharted(アンチャーテッド)」をご紹介しました。中々飲める機会が少ない樽のスムージーサワー。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る