【静岡】ウエストコーストブルーイング:「クライオホップフリーク」を樽で飲んでみました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「CRYO Hop Freak(クライオホップフリーク)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Slumber Party(スランバーパーティー)』でしたが、今回はWCBさん初のクライオのみで醸造されたヘイジーダブルIPA。さて、どんな感じでしょうか😄

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』CRYO Hop Freak(クライオホップフリーク) 詳細

ビール名:CRYO Hop Freak(クライオホップフリーク)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:TDH Hazy Double IPA
アルコール度数:8.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「CRYO Hop Freak(クライオホップフリーク)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(クライオホップフリーク)_01

CRYO Hop Freak(クライオホップフリーク)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りで明るめな黄色寄りな感じかな
香りは、柑橘さのグレープフルーツ感が爽やか
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は弱めかな。また求めてる甘さはない。そしてちょいグラッシーの苦手なホップの余韻が優しくもあるが意外にも心地よいのは間違いない。飲み後には微レモンの様な感じとちょっと辛み?と甘さが微、そして苦味はそこまで残らない。ボディはミディアムで派手さはなく、アルコール度数8.5%を思わせないスッキリな飲みやすさで飲み応えもある。が、残念ながら好みには至らない感じでした💦

全3種ともクライオホップを使用

この「CRYO Hop Freak(クライオホップフリーク)」ですが、ホップは全てクライオでモザイクとタラスとサブロの3種類を使い初めてクライオだけで醸造されたヘイジーダブルIPAとの事。ビアっぷる的に特徴と思えたのが、WCBさん“らしさ”のホップ等の華やかさや派手さはそこまでないが、アルコール度数も8.5%もありながらスッキリさからやたら飲みやすく余韻もGOOD✨。ピリッと辛い!?というのもあるが、甘さがもう少しあればビアっぷるの好みだったかな。という感じだが、説明が難しいが『深いな…』と感じさせられたビールでした🤔

恒例のウェブフライヤーは…

ウエストコーストブルーイング(クライオホップフリーク)_webフライヤー01

いやはや研究者のホップさんがパソコンではなく…機械の前で何やら“クライオ”の勉強を?。また、いかにも押しそうな赤いボタンには“↑”が表記されており、クライオホップを沢山いれちゃおう~、UP!UP!という感じ!?、そして右の引き出し3段には全てにロックが掛かってるという頑丈さは、よほどの機密情報が入ってるはず。デザイン的にもシンプルだが、まぁ色々と思うも…この流れで落とし所が見つけきれずこのままで終わらせてしまうアっぷるでした。すいません😅

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「CRYO Hop Freak(クライオホップフリーク)」をご紹介しました。派手さがないが奥深さを感じたビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る