【静岡】West Coast Brewing:「The Trial:DDH Motueka」を樽で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「The Trial:DDH Motueka(ザ トライアル: ダブル ドライ ホップ モトゥエカ)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。以前は『The Trial : NDH』とノンドライホップver.でしたが、今回はダブルドライホッピングをしたバージョンですね~✨

ウエストコーストブルーイング(ザ トライアル: ダブル ドライ ホップ モトゥエカ)_イメージ01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』The Trial:DDH Motueka(ザ トライアル: ダブル ドライ ホップ モトゥエカ) 詳細

ビール名:The Trial:DDH Motueka(ザ トライアル: ダブル ドライ ホップ モトゥエカ)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:ヘイジーダブルIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「The Trial:DDH Motueka(ザ トライアル: ダブル ドライ ホップ モトゥエカ)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(ザ トライアル: ダブル ドライ ホップ モトゥエカ)_01

The Trial:DDH Motueka(ザ トライアル: ダブル ドライ ホップ モトゥエカ)」飲み応えレビュー

見た目は、鮮やかな濁りのある黄色という感じ
香りは、ヘイジーさもそうだがみかんの様な爽やかな感じも
飲み口は、ホップの苦味はそこまで強めではないし、持続性も思ったより控えめでした。また求めてる甘さは意外にもなかったかな。先ず驚きがみかんの様なフレーバーがふわっときてから違う柑橘さのレモンの様なフレーバーが後追いで爽やかさ倍増のイメージ。またシングルホップとは思えない程飲みやすい味で、余韻までも絶妙なバランスが素晴らしい。ボディはヘヴィ寄りのミディアムで飲み応えもあり、ビアっぷるはめちゃくちゃ好みなビールでした😄

モトゥエカのみのシングルホップ!

この「The Trial:DDH Motueka(ザ トライアル: ダブル ドライ ホップ モトゥエカ)」ですが、ホップはシングルホップでモトゥエカを大量ダブルドライホップし、酵母は禁断の酵母(London Ale Ⅲ)を使われ醸造されたヘイジーIPA。ビールコメントには『みかんの果肉感ある優しいフレーバーと、レモンやライムのような爽やかさのハーモニーが穏やかさを演出』との事で、これがまたみかんの様なフレーバーが非常に飲みやすさを倍増してくれた上に、後追いでビアっぷるはレモンと思ったが何れにせよ柑橘さの爽やかさが更に追い打ち。また、アルコール度数6.0%!?と、WCBさんには申し訳ないが疑ってしまう程酔いが回る回る💦💦。あまりにも好みで思わずパイント2杯+他の🍺1杯飲みましたが、予想以上にかなり撃沈したビアっぷる…まぁ、好みなら文句なしで相わからずWCBさん“らしさ”を感じたビールでした😄✨✨

気になるWEBフライヤーは…

そしてビアっぷる的に毎度毎度気になるWEBフライヤーですが今回は、

ウエストコーストブルーイング(ザ トライアル: ダブル ドライ ホップ モトゥエカ)_webフライヤー01

この全体的に怪しさを醸し出す紫+黒+白に淡いエンジ色。また奥側にハイホップ評議会のホップ爺ちゃんが、真ん中にはモトゥエカホップさんが裁きを受けるべく光を浴びてるという事かな。暴挙の大量なDDHを好んでるビアっぷるなだけにプラス評価をしてあげたいところ✨。で、この浴びる光で右側が赤系で左側が紫系と鮮やかなコントラストがビアっぷるは特に好み。左側に“ストライプ”と“☆”があるがこの意味がピンとこないが…寂しいからアクセントで付け加えられたのかな?と疑問に思ったビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「The Trial:DDH Motueka(ザ トライアル: ダブル ドライ ホップ モトゥエカ)」をご紹介しました。みかんを思わせるフレーバーもたまらない🍺で『好み!』の一言ですが、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 麦雑穀工房(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となる埼玉県比企…
  2. カマドブリュワリー(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、岐阜県は瑞浪市である「Camado…
  3. Far Yeast Brewing(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、山梨県は北都留郡にある『Far Y…
ページ上部へ戻る