千葉ロッテマリーンズが球団オリジナルクラフトビールとなる「マリーンズビール」を限定販売へ!

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

横浜DeNAベイスターズに続き、東北楽天ゴールデンイーグルスが
球団オリジナルクラフトビールを提供してますが、
今度は千葉ロッテマリーンズが球団オリジナルクラフトビールとなる
「マリーンズビール」を2018年7月6日(金)より
ZOZOマリンスタジアムで販売する事が決まった様ですね!!

ビール名:マリーンズビール
ブルワリー:MAKUHARI BREWERY(幕張ブルワリー)
facebook:MAKUHARI BREWERY(幕張ブルワリー)
販売開始日:2018年7月6日(金)~
ビールスタイル:エール
料金:800円(税込)
容量:330ml
販売数:450杯/1日
※詳細は公式サイトをご確認くださいませ。

はい、気になるブルワリーさんですが2018年4月に醸造を開始したという、
『MAKUHARI BREWERY(幕張ブルワリー)』さん。

え!?…正直ビアっぷるは1度も飲んだ事ないですし、
かなりのビアバーにお邪魔してるビアっぷるだが
ビアバーで繋がってるのを見た事もない。
千葉と言えばハーヴェストムーンさんというイメージも強いし、
そもそもこのブルワリーさんは新規ブルワリーさんで
球団のビールを醸造できる環境を得れてる事が凄い(@_@)
この環境は、「マリーンズビール」を醸造する上で以前から、
千葉ロッテマリーンズが計画を立てブルワリーを一緒に立ち上げたのか!?
それとも代表の方が太いパイプがある関係者なのか!?
新規ブルワリーさん過ぎて味的に大丈夫なのか!?
供給量が多くなるとビールの質が落ちる可能性も十分あるのが
クラフトビールであるあるの世界で回せるのか!?
横浜DeNAベイスターズや東北楽天ゴールデンイーグルスの規模を
見てれば規模的に比べると…と、どの様な経緯でこの
『MAKUHARI BREWERY(幕張ブルワリー)』さんに
決まったのかも含めやたら気になるビアっぷるです…^^;

その『MAKUHARI BREWERY(幕張ブルワリー)』さんですが、
今流行りのアメリカはオレゴン州のポートランドをインスパイアし
設備も現地と同じ物を導入し、米国の醸造技術者と共に
この「マリーンズビール」を造った様です。

その「マリーンズビール」は、
『ホップの香りと苦みがきいたフルーティーなエールビール』
との事ですが、1日限定450杯とロス等を考えたらこの量もとれるのかな?
と思うほどだが、450杯限定でもZOZOマリンスタジアムの
開催があれば「マリーンズビール」もあるという事が前提なると
醸造設備はそれなりの量を醸造できるのでしょうね。

ビアっぷる的に気になるのは醸造経験かな。
横浜DeNAベイスターズは横浜ベイブルーイングと
ブルワリーとしてのキャリアは十分、
また東北楽天ゴールデンイーグルスのブルワリーさん達は
田沢湖ビール、いわて蔵ビール、仙南クラフトさん等々、
蒼々たる老舗のブルワリーさん達ですが、
千葉ロッテマリーンズは今年の4月に醸造開始の
『MAKUHARI BREWERY(幕張ブルワリー)』さんですか。
クラフトビールファンとしては味が気になって仕方ない…(・_・;)

ただ、千葉ロッテマリーンズがクラフトビールを提供をする事を
決めてくれたのはクラフトビールファンとしては嬉しい!
皆さん、これを機に更に千葉ロッテマリーンズを応援しに球場へ赴いて、
「マリーンズビール」をたくさん飲んでみましょうね~!
ビアっぷるもどこかのタイミングで飲みたいと思います^^

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 南横浜ビール研究所(ロゴ)1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市の『南横浜ビール…
  2. 中央線ビアフェスティバル2019(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、来月に東京は武蔵境駅の“堺南ふれあ…
  3. 志賀高原ビール ロゴ
    はい、前回もこの志賀高原ビールさんの「Imperial Coffee Porter(インペリアルコ…
  4. TDM 1874 Brewery(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『TDM …
  5. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さ…
ページ上部へ戻る