【岩手】いわて蔵ビール:「ほぼシードル(ふじver.)」を樽で飲みました~

いわて蔵ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、岩手県は一関市にある『いわて蔵ビール』さんより「ほぼシードル 2022(ふじver.)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は2020年の12月に飲ませてもらった『ほぼシードル(ジョナゴールドver.)』で、今回はふじ🍎を使った今年ver.のシードルですね✨。さて、どんな感じか楽しみです😄

いわて蔵ビール(ほぼシードル 2022/ふじver.)_イメージ01

『いわて蔵ビール』ほぼシードル 2022(ふじver.) 詳細

ビール名:ほぼシードル 2022(ふじver.)
ブルワリー名:いわて蔵ビール
ビアスタイル:Hard Cider
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:いわて蔵ビール
facebook:いわて蔵ビール

コチラがその「ほぼシードル 2022(ふじver.)」のシードル画像です。

いわて蔵ビール(ほぼシードル 2022/ふじver.)_01

「ほぼシードル 2022(ふじver.)」飲み応えレビュー

見た目は、明るめなくすみのある黄色という感じでしょうか
香りは、爽やかなリンゴというより意外にも黒酢?の様な酸味感
飲み口は、ホップ感はほとんど感じれないが…りんごりんごりんごでふじふじふじさが全開。また求めてる甘さはないかな。そしてふじのりんご感から凄くジューシーさも感じれる上に、飲み後の程よい酸味と甘酸っぱさの甘さ控えめ。ボディはライトで水っぽさも全くないが、アルコール感もほぼ感じないかな。“りんごジュース”な感じだが飲み応えはあり、ビアっぷるは好みな方のシードルでした✨

全体的に“ふじ”を感じれるシードルだが…

この「ほぼシードル 2022(ふじver.)」ですが、昨年も醸造されたいて蔵さんのシードルですね。ホップは種類はわからずも“ちょっとのホップ”、そして“ちょっとのモルト”を使い、酵母はロンドンエールを使用。そしてその他の原材料には、小麦と一関産の規格外(熟し過ぎている、みえない傷等など…etc.)となったリンゴの“ふじ”を3tも使い発酵させ醸造されたシードルとの事。しかし3tですか…りんごを絞る作業時間がざっくり1日中との事で手間が相当かかってるシードルですが、先ずは本当にお疲れ様でしたとお伝えしたいところ😅。また、前回の“ジョナゴールド”の方はやや水っぽさを感じたのに対して、今回は全体的にリンゴの良さが感じれボディ感もしっかりバランスもよく感じれました🍎✨。ただし、アルコール度数5.5%ながらもジュースっぽさがかなり残っているのはちょっと物足りなくもないかな。もしまたリリースされる可能性があるならば、勝手ながら是非アルコール度数7%くらいで醸造されたのを飲んでみたいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、岩手県は一関市にある『いわて蔵ビール』さんから「ほぼシードル 2022(ふじver.)」をご紹介しました。一関産りんごの“ふじ”が炸裂で飲みやすいシードル。皆さんも機会があれば是非飲んで見てくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る