【青森】もりやま園(MORIYAMAEN):「EN Cidre(えんシードル)」を樽で飲みました~

もりやま園(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、シードルになりますが青森県は弘前市になる『もりやま園(MORIYAMAEN)』さんから、「EN Cidre(えんシードル)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。偶然でしたがとうとう国産のシードルを飲む機会ができましたが、相当貴重で樽数も1桁という事でしたので、飲めたというのは本当に良かったなぁ~( ´∀`)

もりやま園_イメージ01

シードル名:EN Cidre(えんシードル)
醸造所名:もりやま園(MORIYAMAEN)
スタイル:シードル(サイダー)
アルコール度数:5.0%
URL:もりやま園(MORIYAMAEN)
facebook:もりやま園(MORIYAMAEN)

コチラがその「EN Cidre(えんシードル)」のシードル画像です。

もりやま園(えんシードル)_01

見た目は、程よく濁りのあるリンゴ色という感じでしょうか
香りは、そのままリンゴ!って感じですが、酸味は感じれませんでした。
飲み口は、リンゴの蜜の濃い味からフレッシュで爽やかな風味がしっかり感じれます。気になったのが、いかにもりんごジュース!という感じも甘さは多少感じる程度だったのは意外。また、リンゴ特有の酸味とシードルという事ながらアルコール感もほとんど感じれなかった。国産のシードルってこんな感じなのだろうか?と思いつつ、残念ながら好みではありませんでした^^;

もりやま園(えんシードル)_イメージ01

この「EN Cidre(えんシードル)」ですがりんごは青森県弘前市産の『彩香(さいか)』という品種を使われた様で、ビアっぷるは残念ながら初めてお聞きした品種です。リンゴの種類はビール(南信州ビールさん等)に使われてる物も含め、大半知ってると思いましたがこのリンゴ…青森県では“青森県特別栽培農産物認証”という事でかなり有名なリンゴなんですね!φ(..)メモメモ。そしてもりやま園さんが複数種類のりんごから採取したという、独自でまだ誰も知らない“天然酵母”を使用し、酸化防止剤無添加で無加糖から甘口(セミスウィート)、且つ渋みと酸味をほのかに持った甘酸っぱいというシードルを造られてます。

今回は色々と考えさせられましたが、この“甘口(セミスウィート)”の部分。無加糖という事でリンゴの甘さのみで造られたのでしょうが、ビアっぷるが感じる“甘さ”というのがまた違うのか??甘い!というよりは前面に出てるのが蜜の濃いリンゴを丸々使った濃厚リンゴジュースという感じなんですよね…コレって酵母の部分が強く出てるのかな?わからないがコレを“甘い”という言葉にするのは非常に理解に苦しんでしまうビアっぷるです。今までは海外のサイダーが多かったですが、今後は国産のシードルも意識して飲んでいきたいですし、まだまだたくさんシードル(サイダー)を飲んで勉強しないといけないな…と、改めて実感しました。気になる方は是非もりやま園さんの『オンラインショップ』で購入してみてはいかがでしょうか。

あ、一言!

もりやま園(ロゴ1)

このもりやま園さんのロゴですが、とっても可愛くないですか?森は“木を3つ”合わせ、山は“△”を、そして園は“○”とユーモアでセンス溢れるし、ほっこりするロゴでビアっぷるはかなりお気に入りという感じでした( ´∀`)。

はい、という事で今回は、青森県は弘前市になる『もりやま園(MORIYAMAEN)』さんから、「EN Cidre(えんシードル)」をご紹介しました。樽数が少なく飲める機会は少ないと思われますが、国産シードルに興味を持つ方はタイミングが合えば是非1度飲んでみて下さいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Marca Brewing(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にある『Marca B…
  2. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  3. 南信州ビール_ロゴ01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、長野県は上伊那郡にある『南信州ビー…
ページ上部へ戻る