【静岡】ウエストコーストブルーイング:「フレッシュパウダー」を樽で飲んでみました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「Fresh Powder(フレッシュパウダー)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『The Collective:Prickly Pear(ザコレクティブ:プリクリーピアー)』でサボテンを使ったビールでしたが、今回ヘイジーのダブルですね。さて、どんな感じでしょうか😄

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』Fresh Powder(フレッシュパウダー) 詳細

ビール名:Fresh Powder(フレッシュパウダー)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:DDHヘイジーダブルIPA
アルコール度数:8.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「Fresh Powder(フレッシュパウダー)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(フレッシュパウダー)_01

「Fresh Powder(フレッシュパウダー)」飲み応えレビュー

見た目は、WCBさんらしい鮮やかで濁りのある明るめな黄色
香りは、控えめだが何かフルーツを思わせる感じかな
飲み口は、ホップの苦味はやや強めで地蔵k制は舌奥でもそれなりに残るかな。また求めてる甘さはない。そして柑橘のホップフレーバーにパイナップルを思わせる感じもチラリと。少しジューシーな感じもあるが、いかんせん飲み後には甘さがなくホップの苦味がかなり残る。ボディはミディアムでアルコール度数8.5%を感じさせず飲み応えもあるのだが、残念だがビアっぷるの好みではありませんでした💦

ホップの苦味強めなヘイジーIPA

この「Fresh Powder(フレッシュパウダー)」ですが、ホップはストラータとブルースとエルドラドの3種を使い、その他原材料には糖類を加え醸造されたDDHヘイジーダブルIPAですね。感じ方は人それぞれだが今回のビールでインパクトに残ったのが、ホップの持続性と苦さ。パイントでオーダーしただけに温度が上がり、徐々に苦味UPで飲み進み辛くなった😅。また公式サイトには『桃、赤肉のメロン、ココナッツが微』をアロマで感じる様だが、ビアっぷるには感じれず。色味とアルコール度数からの飲みやすさに深みなどはさすがWCBさん。濃いめなヘイジーに苦味を求めてる方にはマッチすると思いますよ😄

恒例のウェブフライヤー

ウエストコーストブルーイング(フレッシュパウダー)_webフライヤー01

いかにもって感じでしたがビアっぷるが挙げるタイミングが悪く、冬季オリンピックは終わってしまいました。スノーボードをするホップさんですが、全体を青・水色系でまとめてきましたが、背景の雪にウェアの柄のバランスが良いなと思えるデザイン。ビアっぷるなら淡いオレンジ系が理想でしたが、昼間の雪を連想させる色と思ったら青・水色系が良いバランスに思えてきた。デザインって難しいなぁ~と思いつつ、さすがデザイナーさんと思ったビアっぷるでした😄

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより、「Fresh Powder(フレッシュパウダー)」をご紹介しました。ホップの苦味が強めに感じるヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る